きらきらのてっぺん

たとえいまはふたしかなものでも

180325.Love-tune concert in YOKOHAMA ~superman~

彼らの決意と信念、仲の良さと頭の良さ、優しさと強さ。そして愛がたくさん詰まったコンサートだった。そして何よりそこにあるストーリー性がきちんと一本化されていて、ただ曲を披露するだけのコンサートではなかった。その安井くんも自慢していた「メッセージ性・ストーリー性」も追いながら、忘れないように、1公演限りの公演をまとめてみることにした。※記録はすべて私のメモと記憶によるものなので曖昧であることはご了承ください。かなりニュアンスですし、抜けもあるかと思います。安井くん中心ですので悪しからず!

 

Love-tuneのファンはひとめでそれがわかる場合が多い。グッズに、今回発売されたバンダナと、以前のZeppのときに発売されたTシャツがあるから。思い思いに頭や腕、髪、カバンなどに巻かれた美勇人くんデザインのバンダナで応援していることがわかりやすいのが、らぶ担の強みだなと今回合同公演で強く感じた。単独公演は当たり前にそんならぶ担で横アリが埋め尽くされていて、単純にそれだけでぐっとテンションが高まった。そこかしこから聞こえる期待の声、モニターに移される「Love-tune」の文字。早く始まってほしいような、ずっとワクワクしていたいようなそんな空間の中で、暗転。いよいよ始まると歓声が上がる会場。

 

オープニング

映像が始まる。それはJr.祭りの合同公演で流れるものとは違うもので、まるでデビュー組のそれと変わらないくらいにこのコンサートのためにきちんと作りこまれた映像で、わたしはそこでもう鳥肌が立つ。たった1回きりのコンサート、本人たちのやる気どうこうではなく、どこまで作りこめるのかと思っていたそれが、払拭された。この1公演にすべてをかけた公演が始まると確信した。

内容はきちんとメモっていたわけではないのでざっくり。夢を持つ少年が、「僕はスーパーマンになりたい。けれどそんな夢を持つことを馬鹿にされる」「夢を持つことは間違いなの?諦めないといけないの?」と問う。それに応えるLOVEと名乗る声が、「私はあなたの夢を応援します」「夢を叶えるためには人間の喜怒哀楽を知らなければならない」と言う。「これから夢を追う7人の若者が人の心を動かしていく」と紹介。暗転。

マンションのようなセットの一部屋ずつに順番に登場。真田くんから始まって、最後は安井くん。部屋がメンカラに光る演出もすき。全員出てきたら明るくなるステージ。下で準備万端の楽器組。安井くんの「行くぜ横浜ーー!!!」の煽りにペンライトを挙げた瞬間に始まるイントロ。

 

■CALL

やっぱり1曲目に持ってきた!しょっぱなからグンと高まるボルテージ。「めいくさむのーーいず!!」で騒ぎ「Hey!」もかんぺき、OMG後の「フゥ~~~!!!!」も慣れたもの。わかりきったC&Rなのにどうしてこんなに楽しいのか!!なにより、打点の高いらぶ担のペンライトが、「Hey!」と一斉にノルそんな横浜アリーナを見てしまったら涙ぐまないわけがなかった。

7人の勢いと熱、応えるファン、それは今までのライブハウスで見ていた距離感とまったく変わらない。後のMCで真田くんが言っていたけれど、「ライブハウスや劇場でやらせてもらうことが多かったから、この規模でみんなが盛り上がってくれるか不安だった。でも出てきた瞬間にその不安はふっとんだ」。まさにその通りだったと思う。

あと、CALLのピンク衣装のジャケットがマイナーチェンジしてた。やすいくんはピンクのふりふりが首のところについた。長妻くんはきらきらしたベールみたいなマント?のようなものがついたし、萩谷くんと顕嵐くんは黒いふりふりが追加されてた。他3名はわからなかったし終演後該当担に聞いてもたぶん変わってない・・・?とのことだったから大きな変更はなしかな?全体的にすっきりしていた印象からちょっと派手になった感じがある。こ、個人的には前のままのほうが好きだった・・・(笑)

 

言葉より大切なもの

これがさ~~~私にとってもおそらく安井くんにとっても大切な曲だから、CALLの次に選んでくれたことがもっのすごく嬉しかった。諸星くんの♫こーとーばよりもたいせつなもの「…ここにはあるよなぁみんなー!?」\そうだーーー!!!//最高。♫疑うことなく旅する雲が素晴らしい今日も♫までを私たちに歌わせて、♫あなたよりも大きな愛は他にはないんだよ♫ってこっちに向かって手を伸ばしてまっすぐに歌ってくれるLove-tuneにここまで泣き通し。♫例えばの話~♫からのやすあらラップも相変わらずかっこいいし、何より2012年にバカレア括りができてそんな中戦ってた安井くんがよく歌っていた曲だから、Love-tuneになっても大切にしてくれているのが嬉しい1曲なんだよなぁ。

 

T.W.L.

もう慣れたものな冒頭の♫あっあっ~あっああっあ~♫の練習から。もちろん「調子どうよ!」\どうもこうもないよ!!//は健在。慣れた曲で、そしてただ見るだけでなくこちらも参加するバンド曲でファンをあっためていけるのは、Love-tuneならではの大きな武器だなぁと感じた。あとやっぱりこの曲のみゅうたろう背中合わせがだいっすき・・・。

 

T.W.L.が終わるといったんはけて暗くなる会場。すぐに現れるLove-tune。黒い新衣装を身にまとって花道を通りセンターステージへまっすぐ前を見据えながら凛々しく歩いていくんだけど・・・そのBGMが、Zeppのオープニングでかかってたやつだったんですよ。。ZeppでとろけたLove-tuneの看板(美勇人くん的表現)が徐々に上がっていくあのときのBGMと一緒で、心の奥底からテンションの上がる感じがしてため息をついた。

Zeppよりも数倍大きな会場を歩くLove-tuneが堂々としていて、めちゃくちゃにかっこよかったよ・・・。そうか、あれからまだ半年も経ってないんだね。なんてことを考えていると一瞬落ちる照明。

 

Crystal sky

祭り合同で披露された新曲。ダンスナンバー。メリハリをつけたダンスとくるくる変わるフォーメーションがとんでもなくかっこいい。安井くんの高音も楽しめるのでボーカルラインだけじゃなくてハモリにも耳を傾けてほしい曲・・・。メンバー全員に魅せ場があるのもかなりの高ポイントだと思うな~。いいパートが分散されているし、ダンスパートの美勇人くんセンターの逆V字はあれ、みんな目が覚めるほどのかっこよさでしょ。。。Love-tuneのスキルがあるからこそ、ここまでの完成度になったなと思うから、これが合同でも披露できていたのは良かったなぁ。

 

Masterpiece

Love-tune容赦ない(1回目)。曲終わりまったく途切れなくまさに息つく暇なく始まったマスピなんてもう、らぶ担からしたらかっこいいことが約束された曲すぎて高まる鼓動が止まらない!センステで踊ってから花道通ってバクステへ。

萩安タイムももちろん健在・・・。今回は安井くんの♫~君と笑い合えるPlace♫で萩ちゃんと交差しながらお互い顔を見合わせて笑っているのがもう、もうその時点で・・・。そして背中合わせからのハイタッチ。何度見てもここは最高にエモい。そしてもろみゅアクロからの飛び出してくる顕嵐くんはLove-tuneの強さを凝縮してるな~と。その後の横並び一列でのサビも最後までものすごい迫力。バンドの次にこんなかっこよさ見せつけてくるLove-tuneさんはんぱないなぁ・・・。

 

MU‐CHU‐DE‐恋してる

美勇人くんのふにゃんふにゃんの「魔法をかけちゃうぞ♡」の煽りで始まるのがかっわいいすぎる。。。おなじみのハートを作ればもう大歓声!♫~恋の魔法ほらかけてあげーる…横浜♡ってかわいく歌う安井くんはやっぱりずるいな~~。途中からリフター使ってた(この曲だったよね?!)んだけど、安井くんってばリフターにちょこんと座って歌ってて、はちゃめちゃにかわいかったな。。

あとね、♫あいみーすゆーどんなときも~♫の安井くんが、歌い終わったあとはにかんだように目線外してふにゃんと笑ってて、あーちょっと浮かれちゃってるな~てのが丸わかりでかわいかった。。Zeppではけていったときの笑顔みたいだった。本当に浮かれちゃうとわかりやすくって、しかもふにゃふにゃになっちゃうのいとしい。それと、やっぱり「らーぶ!」のC&Rは楽しくてかわいい。全部かわいいしか言ってない!!!!

 

ラブメドレー(ずっとLOVE→愛を叫べ→LOVE YOU ONLY→君にHITOMEBORE→おーさか☆愛・EYE・哀→アイアイ傘→愛ing→Love so sweet)

全部1サビぐらいずつ。Love-tuneってかわいい名前をもらったからには、愛やLOVEのつく曲たくさんやってほしい!って思っていたファンは多かったと思うから、これすごくよかったな~。Love-tuneならでは!だし。アイアイ傘がうわさのあらみゅ。わたしはらぶゆーおんりーで肩組んでべったべたにくっついて歌うやすれおがかわいかった。。。

 

This is Love Song

そんなラブメドレーの締めくくりがこの曲!残念ながらフルではなく2番のダンスVer.から。本当にこの曲は幸せになる曲だね・・・。安井くんの好きになっちゃう♡はこの日はかわいくウインクしていたかわいい・・・。落ちサビでぎゅーってなるのも合同のまま。メンバーが笑顔で思い思いにくっついてるの見ると多幸感で涙が出てくる。曲中のアイコンタクトもこの日はすごく多くて、安井くんは美勇人くんや諸星くんとよくアイコンタクトしてた◎

途中で手書きのメッセージが映し出される演出もニクいな~。安井くんは「これからも俺ら7人とみんなで幸せになろうね♡ けんちゃん」であったと思う。。ちみっこい丸文字でひらがな多くてかわいかった。他のメンバーもファンへの愛のメッセージを。覚えている範囲だと、美勇人くんの「ずーっと好きぽよ」と、長妻くんの「俺とデートしようよ。連絡先はこちら」みたいな感じ・・・だったかと・・・。

 

烈火 【

最初にZeppのときに流れた、ユメアイの烈火を編集した映像が流れる。Zeppでは入ってなかったナレーション付き。ユメアイ烈火前の「いつの時代もなぜ人は争い~」のような内容。映像が終わると出てきたLove-tuneは、ハピアイで着てた金の着物を身に纏っててかっこよかった・・・。

しかもなんと言ってもこの烈火、1番終わりの3人のダンス後に殺陣をはさむ!センステで剣を交らせるさなみゅ、そこに割って入る諸星くん、(途中布をひらひらさせてたやすあらは天女だった)、最後に安井くんも剣を持って登場してやっと、「Are you ready?」で2番のバンドへ・・・!そもそも6分超えの大作である烈火がさらに超大作になっていて感動!2番はカットされがちだったけど、今回はもちろん披露。真田くんの「狂っているんだーー!」(ギターぎゅいーーん)もちゃんとありました!

サビから赤い羽根が舞ってるんだけど(のちに紅白の羽根になる)、これが血しぶきを意味しているんじゃないかという説を聞いてなるほどと唸った・・・。おそらくこの【哀】の感情では「戦争の哀しみ」を表現しているのだろうと思っていて、それはこの次の曲へと繋がる。

 

Triangle 

今回のベスト盤のような公演の中で、唯一のオリ曲以外で初披露の曲(ラブメドレーのワンフレーズは除く)。バラード、1曲は欲しかったから嬉しいし、何より全員の歌がうまいから染み入る。出だしの諸星くんは、本当にバラード映えする歌声だね。。そしてこのTriangleも戦争の哀しみと、平和の願いが込められた曲。ここで、この曲を持ってくることはまさにストーリー性だなと思った。Love-tuneは【哀】の感情の表現として、反戦を祈った。

ここで感情のひとつ、を教わったことになる。

 

■コント~モロササイズ 【

・・・と、しんみりしたのも束の間に、画面に映し出された【楽】の文字。センターステージに現れた、ピンクのタンクトップを着た”モロさん”。毎年やっていたクリエがないからって、まさかここでモロさんに会えるなんて!そして、この場面でみんなの脳内を駆け巡ることとなる♫座るか~座らないか~♫の登場である(笑)6人の人生をかけたいすとりゲーム・・・という軽快かつ重たい内容に、突然ミュージカル調で萩谷くんから順番に♫なぜ~あらそわなければいけないのか~♫と入っていく。つっこむ安井くん。「いやいやいや、そんなのやんないから!」とつっこんでいても最終的には参加。それでまぁいすとりゲームをして安井くんが勝つんだけど。。絶妙に言葉にしにくい、コントだったので割愛!w

そしてモロササイズももちろんあり◎会場がみんなペンライト置いて手を挙げている光景、すごかったなぁ・・・!ここまで全員参加する!?ってくらいノリがいいらぶ担はさすがだな~◎真田「これはもう奇跡だね」諸星「一国の王になった気分!」わかる、王だったよ諸星くん。。。

 

前向きスクリーム! 

らじらーで言っていた、タオルを回す曲はこれ。この曲ももう結構やってきてるからノリやすくてすごく楽しかったな~。

こうしてみんなで楽しんで、の感情も手に入れた!

 

MC

MC内容はレポしているととんでもなく長くなるので割愛。相変わらずらぶのMCはゆるい笑いが多くて、仲いいのが見て取れて平和だな~と思うから好き。はしゃぎすぎの萩谷くんと、早口の顕嵐くん、フリップ芸の真田くんが面白かったな・・・。あと千賀くん、いつも本当にありがとう!

MC終わりに、萩ちゃんが新しく挑戦した楽器があるとのことで披露。諸星くんに影響されて、と言っていて、メンバー同士でもそうやって刺激しあえる関係なのってすごく素敵だ。萩谷くんはスティールパンという、少し不思議なきれいな音色の打楽器を習得してきた。音を聴かせるために弾いた曲がリトルマーメイドで、「アリエルだ!」ってなるメンバーたちかわいすぎでしょ。。そこで真田くんのアコギ、諸星くんのサックスとのセッション開始。会場の照明も落とされて、おしゃれで心地のよい音楽が流れる。突然の上質な時間。他の4人も目を閉じて体をゆらしながら聞きほれてた。

 

侍唄 (真田・諸星・萩谷)

そのままの流れで始まる侍唄のおしゃれなことよ!全員の声質も違うのに変な混ざり方をすることなく、心地よくそれでも熱い演奏で感動した。。エイトにとっても大切な歌だというのを聞いて、だからこんなに大切に歌っていたんだなとあたたかい気持ちになったなぁ。

 

One Love (顕嵐・長妻)

スーツに花束、似合うこと!!!お客さんの中で歌ってたからもう会場キャーの嵐だよそりゃあね・・・。花束をファンの子に渡したりのドキドキの展開だったけど最終的にはらんれおの結婚式だったからだよね・・・って思いました(笑)

 

YES! (安井・美勇人)

問題作。ちょっともうこれについてはいろいろと言える。まずらんれおが出てきた時点で、次がみゅうたろうであるというざわめきも生じていて(笑)まさか・・・?あのクリエでやったあれが・・・?いやいや・・・?と思っていたところに、ピンクの照明。イントロ。真っ白なシーツ。割れるんじゃないかってほどの歓声だったしなんならもうそんな悲鳴のような歓声はとめどなく湧いていた。それだけの需要と衝撃にこりゃみゅうたろうもしてやったりだろうなぁ。流れとしては私がツイートしたものを貼っておきますね。

だいたいこんな感じ・・・。いやもうこれは安井くんてば美勇人くんに抱かれてた・・・。しかもなんなら、上裸でシーツにくるまったところから始まるからもう、1回抱かれた後だわ・・・だからちょっとけだるさもあったんだな・・・。みたいな感じの衝撃作で、みゅうたろうの本気を見た。

何年も一緒にいるプラベでもふつうに中のいいふたりが、まぁだからこそってところもあるんだろうけれど、照れもなくここまでのことができるこれぞみゅうたろうだな~って。単純な仲良しでも、ただのビジネスパートナーでもないこのWinWinな関係を見せつけられたなと!内容もさながらに、何よりそこがすごくよかったし、こういうの見せられるとリハとか練習のときってどうしてるんだろう・・・ってどきどきしてしまう(笑)

ふたりでひとつのストーリーを作っていたなぁ。こういうストーリー性のあるコンテンツ大好きだから大正解だったと思います。。クリエの600キャパの亡霊もだいぶ成仏できたよ。。。

 

Dye D?

Love-tune容赦ない(2回目)。いやこれはちょっとキャパオーバーで私は崩れ落ちた。Yes!でみゅうたろうがふたりで消えていったシーツの奥から、萩谷くんが登場して歌い始める。会場また絶叫!そりゃそうだ!衣装がZeppのときとは違ったけれど、全員マントのようなものをつけてきて吸血鬼風。これもやっと見られた!って人も多かったんじゃないかな~。相変わらずそこかしこにキャーポイントのあるつっよい曲だから、やっぱりらぶ担以外にも見てほしいな~。ここでこうして季節感関係なく披露してくれたから、少年とかでもやってくれないかな・・・。

 

PARTY MANIACS  【

ここまで息切れしそうなほどだったのに、まだ続くかと・・・。「感情をぶちまけろ!!」という意味での怒りの表現はもっのすごいかっこよかったな・・・。あと歌割りを去年の祭りからも一新していて、もともとのらぶ4、そして謎4でやったものをうまく織り交ぜるのと同時に、らんれおのパートも新たに追加されていた。こうやって7人の魅せ方としてブラッシュアップしていくの、好きだなぁ・・・。

 

僕らの答え ~Here We Go~【

Zeppのときと同じく、安井くんの「俺たちの時代だ!!!」の叫びから始まる。スモークの中に立つLove-tuneのシルエットのかっこよさ。そしてセンターステージで躍る、この曲を躍ってくれることが本当にうれしい!この曲はバンドもいいけど、全員で魂を込めて躍る方が迫力があって好き。最後にセンターステージから花道通ってバクステ、外周と全速力で全員駆けていくんだけど、メインステージでゴールかと思いきやセンターステージまで1周して戻ってくるの、痺れた・・・!広いこの横アリを全速力で駆けて、センターステージで円になって倒れこむ。渾身のパフォーマンスだった・・・。

こうして、Love-tuneの気迫での感情も知ることができた。

 

■センターステージに倒れこんだ安井くんがふわっと顔を上げて、「あれ・・・横アリから声が聞こえる・・・」という煽りから。「どうみゅうと?」「まぁまぁ・・・(裏声)」というのを繰り返して(笑)やっと立ち上がるLove-tune

そして、「まだ【喜】の感情だけもらってないよな?!・・・みんなを喜ばせるために新曲を用意してきました!喜びの感情欲しいよな?!」湧く会場。すごい、なんて流れだったんだ!それまでもたくさんたくさん嬉しい曲も、かわいいパフォーマンスも、みんなで盛り上がったC&Rもあったから、喜びの感情なんてたくさんもらってきた、と思ったのに!これは嬉しい。

 

superman 【

Love-tune4曲目のオリジナル曲は、初めてのバンドなしの軽快なナンバー。ファンもみんなで踊れるようなかんたんな振付に、みんなで一緒に歌えるようなフレーズ。Love-tuneらしい明るくってさわやかな曲だった。それまでの4曲とはまた違うのに、どれもLove-tuneらしいなって思えるのって、Love-tuneの幅の広さなんだろうな。

何より私は歌詞とメロディにひそむ、ちいさな応援の仕方がすごく好き。大きく背中を押してくれるわけじゃないけれど、ちょっとがんばろうって思える歌詞。気づけば大人になってしまって変わり映えのしない毎日を送っている、そんなAメロが社会人にはぐさぐさ刺さる。けれどそんな毎日をちょっとだけ特別にしてくれるsupermanが、Love-tuneなんだ。おしゃれなファッションに着替えて、悲しみなんて脱ぎ捨てて、一緒に踊って歌う!まさにこのsupermanの歌を表しているし、Love-tuneのライブのようだと思った。忘れられない思い出を君にあげたい、だけじゃなくて、君がくれたよ、とも言ってくれるのが優しい。

空を飛んだりテレパシー使ったり、そんなsupermanにはなれないけれど、君の日常に忘れられない思い出をあげることはできるよ!だってやっぱり僕はsupermanだから!

そんなちいさな応援ソング。この曲、聴けば聴くほどよくって、それこそ通勤の満員電車に乗り込みながら聴きたいからほんと早く音源化してほしい。。

さいっこうのの感情も手に入れた!

 

■再びsupermanになりたい子供の映像。そもそも冒頭の「supermanになりたい」からもう布石だったと思うと本当によく考え抜かれている。子供は言う。

「どんなに辛いことがあっても、みんなの声が、笑顔が、愛があるから立ち上がれたんだ。僕はひとりじゃない。だから夢を追い続けるだって僕は。。。」そこで声が変わる。

今までの子供の声からLove-tuneメンバーの声で「supermanだから。僕は諦めない。君と僕で、新しい未来を創るんだ!」ああ、だめだ。これは泣く。声が、メンバーの声になる演出はだめだよ、、。

そしてこのsupermanになりたい少年が=Love-tuneメンバーなのだとしたら、LOVEと言ったあの応えるもうひとつの声は、きっとわたしたちファンだったんだろう。「みんなの愛と俺たちの旋律でLove-tune」と、よく言ってくれているけれど、本当にそう思っていてくれているのが見て取れたような気がして、深く息を吐いて涙で前を滲ませることしかできなかった。私たちの存在を、「自分たちの夢を応援してくれている存在」として見せてくれることが嬉しかった。

いつだって見せない美学のLove-tuneが、「諦めないで夢を追い続ける」と言ってくれたことがすべての答えだと思った。そしてこんな素晴らしい構成のコンサートを、映像までこだわって作ることができたこと、なんて素敵な未来を見せてくれたんだろうと思った。

 

SHE SAID…

でも、コンサートはまだ終わらない。イントロから漏れる歓声。Zeppでもそうだったけれど、1箇所にぎゅっと集まったバンド形式は、ビジュアルが圧倒的に強い。やすあらのWボーカルがいい意味でアイドルバンドで、いつものバンドとはまた違ったかっこよさがあるんだよなぁ・・・。

 

NO WAY OUT

「ペンライト置いて!」の声。かき鳴らされるギター。安井くんもギターを持って登場する。ああ来た、横アリでもペンライト置かせるんだ、と身震いする。かっこいい。本当に見渡す限りのペンライトが消えた横アリは圧巻で、挙がる手が手拍子が一体感が会場を包む。ああ楽しいなぁ、Love-tuneのコンサートっていろんな楽しみ方がある。きっと夢中でみんな手を挙げたし、Love-tuneは演奏でそれに応えてた。

 

NWO終わりに、「このままペンライト置いて楽しもうぜ!」の声。「まだまだ盛り上がれるよな!?」の煽りと共に始まるインストは、今回の祭りのFIRE BEAT前で演奏されていたあの曲。そのもっと前に、Zeppで象の前に演奏されていた、あの曲。来る予感がしていたのに、暗転して象の鳴き声がする瞬間はどうしてあんなに鳥肌が立つのか!

未来の約束をするこの曲は、Love-tuneの覚悟を表している曲。Zeppで満を持して披露された、想いがたくさん詰まった曲。この曲を披露するときの全員の表情がほんっとうによくて、気持ちがこもっていてそれだけで苦しくなる。安井くんはこの曲を歌うときいっつも瞳にたくさん涙をためて気持ちをむき出しにしてときに叫ぶように歌っているから、ぞくっとしてたまらなくなる。

安井くんのパート、♫~ひとりきりじゃないよ♫のあたりでリズム乱れたのはわたしも感じていたけれど、それにつられないように歌う安井くんも全力で軌道修正する楽器隊も、そのナマモノ感のあるライブが、「そう今でも!!!」の叫びに繋がっていてとんでもなく熱かった。

この曲は27日の各ユニの単独ちょい見せ披露でも歌われていたけれど、ついに他担の前で披露する覚悟と、しかもペンライトを置かせるという強気さが伝わってきてすごくよかったな・・・大事な曲。

 

象終わりの熱気も冷めやらない中、暗転して安井くんにのみスポットライトが当たる。「本日は本当にありがとうございました」と下がる頭。会場を見渡す視線。安井くんの挨拶は、私のツイートを参照します。

 

安井くんの挨拶は、どうしてこうも胸に迫るんだろうね?たくさん言葉を選んで発しているであろう言葉が優しくて、ここにいない応援してくれている人たちのこともしっかりと考えていて、まっすぐに、強い瞳で語ってくれる。それはすごく背負わせてしまっているなと思うけれど、彼が背負いたくて大切にしたいものがここにあるのなら、わたしは彼を応援することしかできないし、それでいいんだと思った。

ちまたで色んなことがたくさん囁かれていたし、変わっていく環境にいろんな憶測が飛び交っていたりもした。でもそこにはあえて触れず、安井くんの言っていたように「パフォーマンスに魂を込めて」表現してくれた。それでよかったし、それがらしさだと感じた。

何よりもここ、横浜アリーナで単独コンサートをやらせていただいたことを「こんな形」と表現するのが前衛的だなと。7人になったクリエで「絶対にアリーナクラスの会場に立とう」なんて、そんな約束していたなんて。600人のキャパから始まった7人が15000人の前にいる。そしてそれだけで全然満足なんてしていない。悲観的なわけでもなく、自分たちの信じる前を見据えている。

一緒に夢を見続けよう。夢って最高だよな!?そんな言葉から、予告されていたあの曲へと繋がる。

 

Dream On

まさに、出来すぎじゃない?新曲【superman】から、【夢】そして【喜怒哀楽】へと結びついた演出のフィナーレが、夢がまだ続いていくと歌うこの曲。それも、ファンと一緒に作るこの曲。

原曲からバンドサウンドな曲だなと思ってたらやはりバンドだった。安井くんの、Love-tuneのひとつの武器であるらじらー!を利用して事前に告知をして、ファンも歌えるようになっているっていうのは、使える武器を思いっきり使っている感じがしてすごくかっこいい。何より「みんなと歌いたいんだ!」と安井くんへ告知をすることをお願いしたメンバーもかわいい。その願いが届いて、会場は大合唱。ちゃんとメンバーに聞こえていたかな、すごくすごく、宝物みたいな時間だったね。

 

■これで本編終了。最後はみんな明るく笑っていて、充実した時間だったのが伝わってきた。周りから聞こえる、すすり泣く声。満足げなためいき。でもそれも束の間に、らぶとぅん!とコールする声。

 

<アンコール>

レッツゴー!!!→SEVEN COLORS→SHAKE

以上のおなじみの3曲でファンサ。顕嵐くんの大好きな♫さなSHAKE さなSHEKE  さなSHAKE~の~じかんだよっ♫が相も変わらずかわいくて耳に残る!これだいすき!なんなんだかいまだによくわからないけれど、これが恒例になっているのもLove-tuneの平和さだな~と。

アンコールラストは「まだいけんだろ!?」の煽りと共に、おかわりCALL。自分たちで「1日に1回のみのはかいこうせん」と言っていたCALLをもう一度持ってきたのは気合を感じた。それにこのCALLはいつもと一味違っていて、ギラギラしたあのかっこよさよりももっと幸せで楽しい!というのを全面に出したCALLだった。

これは、アンコールで、かつ自分たちのファンしかいない空間でしか見せない顔だなと思った。長妻くんがふいに前に出てきてみんなで笑いあったりとか、踊ってるときもアイコンタクトがそこらで飛び交ってみんなが幸せそうにしていたりとか。もちろんC&Rの盛り上がりはそのままに、全員がただただ楽しそうなCALLは貴重だったなぁ。

 

アンコール終わり、全員が一列になる。「俺たちとみんなで!せーの!!」Love-tune!!!!の声と共に、銀テープが出る。ああこの光景をわたしたちは何度願ってきたか。それこそ「こんな形で」はあったものの、こんなにきれいな光景を見せてもらえたこと、誇りに思うよ。しかも祭りのテープと同じかと思いきや、裏にLove-tuneのロゴ入りなんてサプライズ・・・!わたしは自力で取れなかったけど公演終わりに「ワンロゴどうぞ!」っていただけたので(涙)うちに飾ってますありがとうございます。。。

何より、捌け際に「銀テープおまたせ!」という安井くんはずるい。3年前の2015年頭に行われたガムシャラJ's PARTYで、「俺たちがー!じゃにーずじゅにあー!」の後にぱーん!ぱーん!と言いながら手で何か投げるふりをしてエア銀テやっていたあの頃から、「いつか本物降らせるから!」と強く強く、言ってくれていた。エア銀テープはその後Love-tuneになってからもずっと続けていて、ああやっと、このひとつの安井くんの約束が果たされた、と担当冥利につきたよ・・・。

 

<Wアンコール>

「これは現実か?」「現実なのか?」という美勇人くんと安井くん。それだけきっと夢のような時間が過ごせたんだとしたら、それはお互い様だよ、と私も思った。

Wアンコールはsuperman。一度聴いただけで見ただけで、なんとなく思い出せる振りとメロディで既に会場が一体化したこの曲が、これからのコンサートでどんな位置づけになっていくのがすごく楽しみだと思ったなぁ。

捌け際に、あんな夢うつつなことを言っていた美勇人くんが「絶対また会うぞ!」と強く言っていたのが印象的だった。安井くんも「またこういう機会がもらえるように、僕たちLove-tune7人これからも突っ走っていきます!」と強く言ってくれた。そんな最高のあたたかい空気の中で終演したコンサートは、終わると自然と拍手が湧き起っていた。

 

 

「アリーナクラスの会場に立つ」「銀テープを飛ばす」そんなふたつの願いが叶ったコンサートだった。それは今まで見ていた景色よりもやはり大きくてきれいで、こんな景色が当たり前じゃないと知っているからこそ余計に輝いて見えているような気がした。

でも、安井くんの言ったように「こんな形」であることは確かで、そう言ってくれたこと、わたしは嬉しかった。これで満足はしない。これが完全に叶えたかったものじゃない。それはきっと全員の総意であり、上を目指していくというその言葉への嘘偽りのなさを感じた。またこんな景色を見せてほしいし、見せてくれるんだろうな。

世間はまだLove-tuneを知らない。狭い世界ではいろいろなことを言う人もいるけれど、それすらも力に変えてくれるsupermanが7人もいるから、また7人とわたしたちの時間を作るために私も彼らもがんばっていくんだ。

たった1公演だけのコンサートのために、曲順・映像・照明・特効と、拘らせてくれた人たちにも感謝。おかげで、Love-tuneのこれからがもっと楽しみだと思える最高のコンサートになりました。観に来てくださった関係者各位、特にいまだに交流のあることが判明した渡辺えりさん、キムラ緑子さんの三婆メンバーには可愛がってもらっていて頭が上がらない。たくさんの愛に溢れた公演だったと感じる。

 

Love-tuneがこれからどうなっていくのか、どんな夢を見ていくのか、わからないけれど、だからこそいとおしい。願わくば、「諦めない」なんて約束の言葉よりももっと浮かれたような言葉が、望む世界へと続く言葉が飛び交うコンサートが近い将来開催されることを願って。安井くんが「ついてきてね」と言ったあのクリエから、わたしの気持ちはずっと変わっていません。だいすきだよ!次はLove-tune Live2018かな!

想像が現実になるまで、あと18時間。

ばかみたいに、前日から胸の高鳴りが止まらないんだ。会場の中にいる自分を想像しては、胸が苦しくなる。

 

自担の所属するグループの、単独コンサートが今日開催される。Jr.の1年のルーチンワークではない、イレギュラーなライブとして。

.

.

忘れもしない7月28日。

わたしはいつものように仕事をしていてお手洗いに席を立つついでに何気なく携帯電話を手に取って、何気なく届いていたメールを見た。メールなんてもうメルマガしか届かない。そんな中で、ジャニーズJr.情報局のメールが目に入る。これといって何を期待していたわけではまったくなかった。そんな中で目に飛び込んできたのが、これだった。


☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━

  「Love-tune Live 2017」決定

━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

 

意味がわからなくて、思考が止まった。手が震えた。このままだと泣いてしまいそうだったから、慌ててトイレの個室に入った。Twitterを開いた。夢じゃない。夢じゃない。

 

そのときには実感としてなんてすぐに感じられなくて、EXで本人たちの口から聞く「単独決まりましたー!」もどこか夢物語のように実態を掴めずに感じていた。正直言って、つい最近まで実感なんてなかった。チケットが届き始めたときに、「ああ本当に開催するんだ・・・」と今更に感じたのを覚えている。もちろん、ずっとZeppのことは視野に入れて休みを取ったりしていたのだけど。と、いうより実際に入らないといまだに本当に実感なんてないのかもしれない。けれど、もう夢ではないのはわかる。夢だなんだと言っていられないのも、わかっている。

ユニットとしての未来を望むのならば、この単独コンサートはその夢の一歩として避けられないと思った。Love-tuneは、そうでなければならないとも。どんな声をも自分たちで跳ねのけてそれ以上の応援を、愛情を手にしていかなければならないグループだと。

 

単独コンサートが決まったとEXで発表するときに、「みんなのおかげ!みんなの声のおかげ!」としきりに言ってくれた。ああごめん、わたしは単独コンサートを開催してほしいなんてそれほどまでのことは口に出来ていなかったよ。そんな要望を声として、想っているだけではなく届けた人が居たことは嬉しくもあり、自分の無力さも感じられた。想うだけ、呟くだけで満足していた。あとは本人たちとその周りの大人の気持ち次第だと。でもきっと、それだけじゃないんだね。わたしもちゃんと、口にしていかなければならない。届ければ叶うかもしれない。そこまでやった方が、応援し甲斐だってきっとある。

けれどやっぱり、誰がどんな要望を送ろうと最後には本人たちの希望とやる気と信頼だと思うから、Love-tuneがこの単独コンサートを勝ち取ったことは、とてもとても誇らしい。

 

と、まぁなんだかんだと語ってみてはいるものの、本当はこのソワソワとした気持ちが抜けなくて、早くその時が来てほしいのに来てほしくなくて!7人の写真を見るだけでゆるゆると泣けてきてしまうほどの精神状態。


f:id:ys_aui:20171017224304j:image

いとおしくて、困った!だいすきである。

 

こんな感情な今このときを忘れたくなくて、とにかく少しでもLove-tuneとこの今しかないときめきを感じていたくて、押し花のように大切にここに閉じ込めてみているところ。明日になったらこの気持ちはどこかにいって、代わりに別の愛しさで溢れているだろうから。始まる前の少し不安でだけど幸せで好きでたまらないこの感情は、1stコンサートの前にしか味わえないかもしれないから。

 

たくさん、たくさん。行けない人もいる。

チケットは予想外に争奪戦だった。わたしや友人の少なくはない名義が全滅だっただけでなく、それが色んな人の元で起きていた。だからこそ実感がわかなかったとも言える。だって、スタンディングの大きな会場で平日の夜に?まさかまさか、ここまで当たらないライブになるなんて!予想外だし人気なことは嬉しい、けれどやっぱり。見たい人が興味を持ってくれる人が他にもたくさんいるのにもったいない!あとどうしても、わたしは入りたい!!!!と、いうことでなけなしの手持ちのチケットとの交換や有り難いご縁やらでわたしはどうにか行けることには。なったけれど。友達で入れないと嘆く人も見て来たし、気になるのになーと呟くデビュー組担も見て来た。ああもったいない。もったいない!

けどそういう想いも全部汲んで、「次に繋げるライブにする」と言ってくれたから、もうすでに次が楽しみだと思えるんだよね。次はもっとたくさんの人が来られる場所で、たくさんの人の笑顔のまんなかにいてほしいなぁ。

 

な ん て !

今は悠長に次に思いを馳せているほどの余裕はないんだけれど!粛々と文字を打ち込みながらも恋してるみたいに心臓が痛くって、ふとした時に怖くなる。当日までに死んだらどうしよう?火事になってチケットが燃えたら?足を怪我してスタンディング行けなくなったら?なんて何回も何回も考えてた。ほんとうにならなくてよかった…(明日のその時までわからないけれど)

今からこんなにどきどきしていて、Zeppの中に入ったらどうなってしまうのかな?意外と逆に、入ったら現実味がふっとんでしまうのかも。あー、想像しているだけでくらくらしてゆらゆらする。なんてこったい。

 

何を歌ってほしい、どんなものを魅せてほしい、という希望は不思議なほどにないんだ。

なんだって良かった、彼が胸を張って『Zeppで魅せたい!』と思って披露してくれるパフォーマンスなら、なんでも。なんでもいいなんて、なんてネガティブな!と思うかもしれないけれど、いい意味で使ってる。下手にこれやってくれ、あれが見たい、なんて期待してしまえば勝手に裏切られたような気になって、自分勝手な自分の好みとの差異に悩むことになる。そんなのひとり相撲だ、たのしくない。もちろんそんな時もあったけれど、今はただ、Love-tuneがいま魅せたいと思うものが見たい。作りたいと思う空間の一部になりたい。これから抱く希望や理想の原点に立ち会いたい。そんな気持ち。Love-tuneはだって、いろんな意見があること全部知っていて選択してるんだもん。それならその船に乗るしかないから、彼らの選択を自分の知っている・望んでいる世界と比較したくない。今はね。望みがあるときはわたしも望みますけど。笑

 

あ!あと忘れちゃいけないのがグッズ!!2500人のキャパで3日間3公演のみしかなくて、ジャニーズJr.で。まぁグッズを作る費用やら運搬費やら人件費やら・・・そんな中でもTシャツをグッズとして出してくれたことはさいっこうに、うれしい!しかもMyuto Moritaプレゼンツとかそんなの、そんなの・・・!(言葉にならない)アンコールでそれ着て出てきて、「俺たちの名前はー?!」とか言われたらあ、だめだだめ想像して今泣くほどのメンタル!!!!最近のJr.のグッズのだ、ださ・・・うん、そんな感じも相まって、他のグループにも羨まれること間違いなしの出来になると、まだ見てないけど確信してる。し、Love-tuneの多彩さを見せつけるようで本当に、多方面から見て死角のないグループだなぁ。。

 

ふぅ。本当に本当に楽しみで、リアルにチケットを眺めて10分とか経過してたりするから我ながらやばい。ああついに、ついにもう迫っているんだなぁ。最高の3日間にしたい。する。仕事もあるけれど。全員髪形を整えて気合十分だと聞いたけれど、わたしだってこの日曜日に美容院行って気合入れてきたから!!!はーーーほんとに、油断すると心臓がどこかへ飛んで行って倒れてしまいそうなんだけど、大切な彼らの1stLIVEに参加できる喜びを胸いっぱいに吸い込んで、噛みしめて、自分の中で咀嚼して味わえたら、またその感想はここに書きに来たい。そうやって、Love-tuneによって感情を揺さぶられてしまいたい。「ついてきてね」の一言を信じて、ずっとついてきた安井謙太郎くんの、大切にしているものの一部になりたい。文字を打つのをやめると、トクトクと聞こえる心臓の音が、明日は大きな音でかき消されてしまいたい。雨も寒いのも関係ない。宇宙イチ熱い夏にしたLove-tuneと一緒だから。

 

Love-tune Live 2017

絶対、成功させよう!

「気合と覚悟!」

Love-tuneとわたしの2017年、夏。

Love-tuneというグループの、アイドル性を肌で感じられたコンサートだった。わたしが思っていた以上に、彼らはアイドルだった。

 
~君たちが~KING'S TREASURE~ Love-tune単独公演。

幕が開いたその奥は、キラキラと輝くアイドルの世界だった。わたしはてっきり、最初はバンドで始まると思っていた。実際、2年半ほど前にバンドスタイルを披露した公演、ガムシャラJ's party Vol.8,9はそうだった。最初にお客さんをバンドで盛り上げてしまえば勢いがついて、それこそ「最高の滑り出し」となる。だが彼らはそれをしなかった。マンションのようなセットに立って、メンバーカラーの衣装を着てSMAPさんの「Amazing Discovery」、そんな王道アイドルソングを歌う。メンバーカラーに光るライト。これぞジャニーズ、そんな曲調の中に確かに感じるメッセージ性のある歌詞。「未来は最高 さぁWakeUp!」そのまま流れるように「Hey summer honney!」、そしてLove-tuneとしてはおなじみにもなった「MUCHU-DE 恋してる」に続いていく。アイドルとしてかんぺきだった、さぁこれからキラキラした夢のような夏のひとときが始まる予感を存分に感じさせるこの最初の流れが、突然に、そして最高のタイミングでぶったぎられる。

ここで「CALL」だ。本人たちも「この曲はパワーを使う」と言うほどにエネルギッシュでパワフルで、だからこそこの場所にこの曲が悠然と置かれるセットリストは粗暴であり正しい。なぜならここは、ただの王道アイドルのコンサートではないからだ。曲前に真田くんと美勇人くんが背中合わせで支えあってギターとベースを構えるそのシルエットだけでなぜにこんなに興奮するんだろう!そこから始まる演奏、顕嵐くんの「Every body,meke some noise!」の声に上がる歓声、突き上げられるペンライトの中でアクロバットと共に繰り出される「oh,my god!」瞬く間にLove-tuneの渦の中だ。本当にこの曲はいい意味で場の空気を攫っていく、強い曲だ。Love-tuneでないと、扱いきれない曲だと思う。特に現場で聴くCALLの熱には毎回圧倒されるとともに、見る度に新しい楽しさを発見させられる。続く「T.W.L.」ではお客さんに歌わせる場面もありつつ、きっとこの曲は誰しもが諸星くんの曲だと思っただろう。渾身でサックスソロを吹いてからの大サビソロはかっこよすぎる。「届いてくれたよなぁぁ?!」と叫ぶそんな気持ち、届いてないわけがないよ。そして息つく間もなく「Revolution」。ここで忘れてはいけないのはタオルの存在。初日は誰もタオルなんて持っていなかった。いやそれも当たり前であり、グループ名すら印字されていないその1600円のタオルは、いったいそれまでに何枚売れていたんだろう。わたしも例に違わず持ってるわけも購入の視野にだって入れてなかったものの、呆気なく次の日にはそれを購入した。なぜなら、Love-tuneと一緒に全力で楽しみたかったからだ!そして同じように楽しみたい人たちがタオルを次々購入し、ついには売り切れ状態にすることができた。これは誇れることだと思うし、そう誘導したLove-tuneは賢いと思った。「Love-tuneの一声でグッズが売れた」という事実が残ったことは、それこそ美勇人くんの言葉を借りれば「お金が回っている」ということで、タオルという自分たちのグッズだけではない部分でも証明ができたことはそれこそ次につながる一歩になると思った。というかね、ジャニオタになってライブハウスでタオルを回すことがあるなんて思ってなかったよわたしは・・・。

 

挨拶を挟んで「make it」。クリエでは曖昧だった歌詞がスクリーンに表示されることで、真田くんが伝えたい言葉がダイレクトにしみ込んできて痛いくらい。汗だくになりながら、おニューのまっしろいジャズマスターを弾いて歌う安井くんの姿は、2年前には想像もつかなかったよ。そして事前に予告もされていた「罪と夏」がここでビートくんの紹介と共に始まる。(・・・余談だが、ビートくんとはここでサヨナラとなる。もう少し終盤で煽りに登場してくれてもよかったのかなぁと思いつつ、このオリジナルキャラが喋って煽る、という発想は色んなライブ映像を見て勉強しているなと感じた。メンバーが分担して作り上げたというのも高ポイント)罪と夏では、巨大な風船を客席の頭上に飛ばす。これもきっと、メンバーがやりたかったんだろうなと思うととにかく微笑ましい。さてペンライトを縦に振り、ただ盛り上がっていたその時間も長妻くんと空男によって壊される。圧倒的なかっこよさと何かが起きるその核心。少しずつ上がっていく幕の奥にいたのは、左手で逆手にヘッドホンを持ち、サングラスをかけた安井くん・・・いや、DJ YASUIだった。。。そう始まるは突然のDJタイムLove-tune DJ Remixと称して今まで披露してきた曲を安井くんがDJで流し、ほかのメンバーが躍る。頭上では回るミラーボール。EXシアターは、ダンスフロアとなった。なんだこれ、なんだこれ!そう思いながらも楽しくてかっこよくて、また新しい試みを見せてきたことに驚いた。バンド?それだけじゃない。音楽はもっと幅広く楽しめるんだと、見せつけられているようだった。それにプラスして光の演出にもこだわっていて、安井くんが手をかざす箇所のライトが順に照らされていったり、回るミラーボールを強調させるように薄暗くなったりと雰囲気もがらりと変わった。すごい。そんな言葉を言う間もなく次に始まるのは、4人の思い出の曲。「TakeOver×FOREVER」。おととしの、まだ名前もなかった4人でDREAMBOYSに出演した際に、どうにか爪痕を残そうと披露したその曲を、7人で披露した。ああこれすらも、と思った。4人時代にやった曲を少しずつ、7人で披露していく。ふぁいあび、へぶんり、きっす魂、ぱりまに・・・まさかTO×FEまで披露してくれるなんて。始まった瞬間は、4人にとってあまりにも大事な曲だったから一瞬戸惑った。けれどちゃんと、着実にブラッシュアップされた上での7人での焼き増しだった。4人で作ったこのLove-tuneという道を、大切にしながら突き進んでいく。そんな姿を象徴するような安井くんと顕嵐くんを上に乗せたフォーメーションは最高にかっこよくて、最高に強かった。最後のVSスタイルになるところはそのまま(メンバーは変わっていたけど)なのもよかったなぁ。ところどころにちりばめられる「これぞジャニーズ」にキュンとするよね。。クリエに引き続いた流れとなった「Otherside」→「SEVEN COLORS」もLove-tuneらしい。ペンライト演出があったのもここ。七色ペンライト・七人組・セブンカラーズ・・・とちなんでいるのもいじらしい。諸星くんが「オレンジがないんだ・・・」としょげれば「グループ名のロゴはオレンジだから!」と励ませるのは、最高に可愛いなぁと思ったしファンの心象を代弁してくれたと思う。いつかオレンジも含めた多色展開のペンライト出そうね。そしてMC。MCはさすがの落ち着きの安井くんを中心に告知だったりと安定感のある、けれど笑うところは笑わせられるおしゃべり。(美勇人くんのお金の話は少し危うかったけど。笑)何より、当たり前かもしれないけれど聞いていて不快になることが全くなかった。当たり前のようでそうでもないことだと思っていて、人を落として笑いを取ることだったり、あからさまな仲良しアピールだったりのない、メンバー感の平和な空気がLove-tuneのひとつの強みだなぁと改めて感じた。

 

MC明けは「Love Wonderland」萩谷くんの作ったかわいらしい振付もさながらに、それをがんばって一生懸命教える萩谷くんが尚可愛い曲。みんなで一緒に楽しめるし、スタンドマイクをみゅうたろう→さなもろ→らんれおの間から出てくる萩谷くん、という需要を理解したわちゃわちゃも楽しめる。わちゃわちゃの雰囲気も曲調さながらに明るすぎない爽やかさがあるところが、くどくうるさくなくて良い。個人的にはみゅうたろうのパートで、美勇人くんから手を出してみゅうたろうポーズを披露してくれたことにかなり驚いたと同時にかなりかなり嬉しかった!ほんっとにステージ上ではあまりやらないから。。同じグループになったんだし、そうやってもっとコンビとしても売り込んでいけたらいいなぁ。自分が背を向けることになってもわかりやすいようにとお客さんと同じ方向を向く諸星くんや、鏡のように手を動かしてくれる顕嵐くんや、「できてるよ!」の声にここでも優しくされてあったかい空気が流れるのがとっても幸せだった。最後はメンバーの掛け声で終わるのも、まさにアイドルのそれで良い。そして続くのは、待ち望んでいたと言っても過言ではないユニット曲。さなみゅの「BOMB」には安定感があって、千賀くんが観に来てくれた時にふたりで千賀くんを煽っていたのが最高に痺れた。次ぐ「GUTS!」はコントも織り交ぜつつEXシアターを走り回って盛り上げた。何よりはぎもろれおの笑顔が最高に可愛い。満を持して登場するやすあらの「My girl」これはずるい。ふたりの甘い歌声とクールなラップ、切ない表情に会場の空気は完全に持っていかれる。そんな中で始まるのが「Tell me why」なのがまさにわかってる!と膝を打つほどの流れ。これはきっと会場中が自担のそれぞれ違った表現の仕方にやられていただろう。わたしもそう、安井くんの「今すぐにあいたい・・・」と伸ばし引かれる手と閉じられる瞼に完全に魅了された。たぶんここで、全員自担に惚れ直してぽーっと・・・してもいられない。「僕らのこたえ~Here we go~」、バックバンドについていたこの曲をまさか躍ってくれるなんて!安井くんの「俺らの時代だ!!!!」の煽りに最初からぶちあがる・・・その後の歌詞がまるで自分たちのことのように沁みて、「このままじゃ終われない」と彼らの叫びを聞いているような気分になる。そのまま「FinallyOver」、定番となった「NOWAYOUT」へ続いていく。この曲ではペンライトすら置いて手の振りとクラップで盛り上がる、まさにバンドらしい歌だ。終わった後の顕嵐くんの言葉が印象的だった。「こういうのもたまには俺はやりたいなって思う。俺は、そう思う」そう言った顕嵐くんはきっと、いろんな意見のファンがいることをわかっているんだろうな。

 

いつの間にか最後の曲。暗いステージ上でひとり、スポットライトに照らされて安井くんは言った。

「俺たちは普通のバンドマンじゃできない、普通のアイドルじゃできないところへ行こうとしています。みんなとなら、行けるって確信しています!これからも、ついてきてください」

わたしはこの挨拶があったオーラスは正直ここから泣き通しである。始まる「夕闇トレイン」のイントロ。この曲にはソロパートはたくさんあるけれど、安井くんには珍しく最後の最後の「サヨナラ」のみ(そこすらもしかしたらソロじゃないかもしれない)で、あとはハモリに徹している。けれどみんなの真ん中に立って、誰かと目を合わせれば嬉しそうに笑って、幸せそうにそこにいたその姿がわたしの胸に残って離れない。後奏が流れる中、一度伏せた目を上げてまっすぐとこちらを見る安井くんの強いひとみが好きだった。いっぱいに息を吸い込んでから吐かれる「ありがとう!!!!」の強さに身を委ねた。そうして本編が終わっていったけれど、Love-tuneは最後まで気なんてひとつも抜いてなかった。

 

暗転、のちに始まるのは「Love-tune summer vacation」と題して、バンド合宿のときの写真がスライドで流れる。BGMはマイラビ、なんてエモいんでしょう!砂にLove-tuneのロゴを書いてその前で全員で撮ってる写真が、プライベートの写真だなんて信じられる?いくら仕事の仲間との合宿とはいえ、スタッフさんのいるわけでもない、カメラが回っているわけでもないプライベート空間で、そんな写真を自分たちでセルフで撮る彼らのアイドル力の高さに脱帽する。そんなの、最高に決まってるよなぁみんな?・・・でもそれで終わらない。

「I Scream Night」のイントロと共に、安井くんがひとりで出てくる。照れくさそうな、嬉しそうな顔をして。夏の終わりを全身で表現するような少し切なくもまぶしいオーラをまとって。なんてことだ、これはずるい!顕嵐くんが次ぐ、そしてはぎみゅ、さなもろれお・・・みんなとびきりの笑顔で楽しそうに出てくることがどうしてこんなに涙を誘うんだろう?この曲の持つ明るく切ない雰囲気も相まって、キュウキュウに胸が苦しい。「俺たちと夏の思い出作りたいか!」の煽りに乗せられるようにして跳ねる。手を振り上げる。ステージ上ではくっついたり笑いあったりしながら、同じように楽しそうに跳ねるメンバー。それは水の弾けるように爽やかで、終わってしまうこのLove-tuneとみんなでの思い出がよりいっそうきらきらと輝くようだった。

曲終わりに、全員のひとことずつの挨拶がある。ここでも個性が光っていて、長妻くんが放つ予測不能なひとことに、真田くんと諸星くんが必ずかぶせて大きな笑顔にする。萩谷くんがテンションが上がりすぎてパギヤになれば、次ぐ顕嵐くんが「・・・はい、」と必ず一呼吸置いてしゃべるマイペースさを見せる。この雑多で優しい雰囲気こそがLove-tuneだと感じた。ラストは安井くんが締める。

Love-tuneという名前は、いい名前をもらったなと思います。みんなの愛と!俺たちの音楽で!上に向かってこれからも突っ走っていきましょう!」

わたしたちが注ぐ愛に対して、全力で返してくれるLove-tuneは名前の通り愛にあふれたグループだ。「ジャニーズイチ、ライブのうまいグループになりたい」そう言う彼らはわたしたちファンに対して絶大な信頼を持ってくれているからこそだろう。思えば今回のコンサートも、歌ったり踊ったり声を出したり跳ねたりペンライトの色を変えたりタオルを振ったり風船を転がしたりペンライトを置いたり・・・色んなことをしたけれど、そのどれもが「やらされてる感」がなかったのは、Love-tuneが盛り上げ上手の気遣い上手だからなんだろうな。そうやって、双方に上手くなり立てていることが、嬉しくて気持ちいい。Zeppにて決まった単独コンサートも「ほんとにみんなの声のおかげ!」としきりに言ってくれたけれど、それは確実に本人たちのあたたかさと向上心があるからこそだと思った。

「俺たちと、みんなで!Love-tune!」今はそこで銀テープは出ないけれど、「いつか本物降らせるから」って何年か前に安井くんが約束してくれたの、覚えてるよ。あの時叫んだ「ジャニーズJr.!」が今ではグループ名になった。それがどれだけ嬉しいことか。

 

オーラスのWアンコールでは「自分のために」を即興で披露してくれた。その場でチョイスして披露できるのが、バンドってかっこいい。EXシアターにいる全員が全力を出し切って、最後にもう一度名前を呼んで終わりにする、ということに。「みんな声出せる?俺らもマイク置こう!」とマイクを置いて、全員で手をつなぐ。安井くんが周りに目線をゆっくりと動かす。見渡す。そして何度かまばたきをしてぐっと唇に力を入れた。・・・ああ、安井くんってどうして周りを見渡すだけで涙を流させるんだろう?大きな黒目を揺らすようにうるんだ瞳はそれでも涙をこぼすことなく、大きく息を吸ってひと呼吸置いて、それから「俺たちとみんなでー!」と少し枯れた声で叫んだ。わたしも、周りも泣いていた。安井くんのあんな表情、わたしは初めて見た。いとおしそうで幸せそうで、そして彼がそんな表情をすることでこんなにもたくさんの人の心が動かせる。安井くんはどうしたってスーパーアイドルだった。ここまでいろいろなことがあって、たくさん努力してきた人だからこそ、できる表情だった。ステージ上では泣かない、そう決めている安井くんだから、きっとこんなこと書かれたら恥ずかしいだろうけど。それでも、わたしはどうしてもそんな表情を心に留めておきたくて(安井くん風に言うと「心のアルバムにしまっておきたくて」)、少しだけ筆を取らせてね。そんな姿も、最高にカッコよかったです。

 

今までは「ついてきてね」と言っても、まだ不確定な未来へ向けられた言葉だった。でも今回のメンバーの言葉を聞いていると、もう不確定じゃないのがヒシヒシと伝わってきた。みんなが話しているのは、今現在の延長線上にある未来の話だ。それは夢や理想じゃなくて、現実として叶えたいこと。10月の単独コンサートが決まったことと、今回のEXシアターでのファンの盛り上がりを見て、おそらく彼らの自信へとダイレクトにつながったのではないかと思う。2年目でも止まる気なんてさらさらないLove-tuneは、このままの勢いで妥協することなく着実に未来へと突き進んでいる。Jr.祭りからしきりに言っている「未来に連れて行ってやるよ」、この未来はきっと、"今″から続いている未来だ。彼らはきっとどこまでもアイドルで、それでいて革新的に今までの型に嵌らない位置を目指していくんだろう。そう彼ら自身も、ファンにも思わせることのできたコンサートだった。そして、一緒に未来を叶えようとしてくれる。だからわたしたちも、全力で応えたいしそう思わせるだけの希望がLove-tuneにはあった。

さてまずは・・・10月の単独コンサートも、楽しみだよなぁみんな!?そうだーー!!!!

アフタートークショーで見た、安井くんの好きなところ

オフィス3○○『鯨よ!私の手に乗れ』

三婆で共演した渡辺えりさんが作・演出・振付まで務める舞台。そんな舞台のアフタートークショーのゲストに、ジャニーズJr.である安井謙太郎くんは一人で呼ばれた。

 

舞台の感想は語り始めると長くなるけれど、今回のブログの趣旨とは離れてしまうので簡潔に。いい意味で何でもアリの演劇だった。舞台というよりも演劇。えりさんの見たもの感じたことをぎゅっと詰め込み表現したようなそんな作品。歌やダンス、次々と変わるシーンが目まぐるしくもあり楽しい。「認知症について描きたかった。だけど今までシュールな感じで演ってきた私が突然真面目な舞台を作ってもおかしいでしょう?(笑)」そのえりさんの言葉通りの、どこかアングラでシュールで、でも胸に突き刺さるような良い舞台だった。いやー全く簡潔じゃないなこれ。本題へ戻ります。

 

そんな、普段とは全く違う空間に、安井くんはふいに現れて、そして溶け込んだんだ。200席あまりの小さな会場。安井くんのご両親よりもきっと上の世代な客層。

舞台が終わってカーテンコールの後、えりさんの口からそれは発表された。

『この後はアフタートークショーがあります。今日はね、安井謙太郎さんが……三婆で共演した、彼がね、サプライズゲストとして来てくださっています』

このえりさんの言葉の時に、感動した点が2つあった。ひとつは、安井謙太郎の名前が出た時に情報を見て期待と不安を入り交えていたであろう安井くんのファンが、誰ひとり声を上げなかったこと。当たり前だけれど実はとても大切なことだから、こうやって外部の舞台でしっかりとマナーを守れているファンでよかった。

それからもうひとつは、安井謙太郎の名前には引っかからなかった会場が、「三婆で共演した〜」の言葉の後に口々に『あぁ〜!』と反応してくれたこと。三婆の辰夫と、これから出て来る安井謙太郎という青年が会場内のご年配の方々の中で繋がる。これは、安井くんが確実に三婆という舞台を通して爪痕を残してきた証拠だった。そもそもこの場に呼ばれること自体、異例のことだろう。急なオファーだったらしい*1けれど、ジャニーズに全く関係のない舞台のアフタートークショーに現れるジャニーズJr.は前代未聞なんじゃないかな。しかもトークのお相手は大女優渡辺えりさん。わたしは正直、始まる前から涙目になっていた。ああ、本当にそんなことがあるのだろうか?なんて考えていたら、3分ほどの休憩の後にパッとライトアップされた舞台。中央に用意された2つのテーブルとイス、ストロー付きのペットボトル。登場したえりさんに浴びせられる拍手に続くように、安井くんはシアタートラムの舞台に現れた。

 

瞬間、それは異質だった。安井くんの髪色は以前よりもだいぶ明るい茶髪で、黒縁メガネ。真っ黒なライダースに真っ黒なパーカー、その大きめのフードを首元に出して、下は黒い細身のパンツで膝がぱっくりとダメージが入って丸見えになっている。そんな黒ずくめの中、アクセントに大きめのスタッズ付きの白いスニーカー。安井くんらしい服装で、所謂『今時の若者』感満載の格好。すごくかっこよくてかわいくてえっちだけれど(主観)、安井くんがここにいることへの違和感がすごい。なんて、そんなことを思ったのは一瞬だけだったのだけれど。

ぺこぺこ会釈を繰り返しながら笑顔で出てきた安井くんは、客席の方に体を向けながら「はじめましてー。ジャニーズ事務所から来ました、安井謙太郎です!」そうやってにこやかに、爽やかに挨拶をするものだから、ちゃらついたお兄さんから一気に穏やかなお兄さんへ印象が早変わり。もうそこは、安井くんにとって異質な空間ではなくなった。えりさんからの紹介代わりのトークが続く。

(以下、えりさん『』安井くん「」として表記させていただきます)

『なんて言うんだっけ?らぶちゅーん?』

「らぶとぅーんです!あ、僕ジャニーズでLove-tuneていうグループで活動させてもらってるんですけどね(お客さんへ)」

『ああはいはい!とぅーんってどういう意味なの?』

「旋律って意味ですね、あの音楽の」

『なるほどね〜』

「愛の旋律、って意味です!」

『いい名前じゃない!ほら、私見たわよ。YouTubeで、いろいろ』

「あっほんとですか?(YouTubeに少しだけ戸惑う)」

『(三婆を)演っている時は知らなかったから、若手の俳優さんかと思ってたけど、あなた歌も踊りも上手いのね!』

「あはは!ありがとうございます!」

 女優・渡辺えりが、Love-tuneを認識し、YouTubeでいけない動画を観て(笑)、そこで初めて認識したアイドルとしての安井謙太郎を純粋に褒めて下さっていた。それはひどく純粋に嬉しいことだった。だって、安井くんの本業はやっぱりアイドルだから。どこで何を評価されても、やっぱりアイドルとしての安井くんを褒めていただけることが1番嬉しい。だから今回、えりさんと共演したことがアイドルの安井くんにとってもプラスになったということ。Love-tuneという名前を覚えてくださったこと。とてもとても有り難いし、それはきっと安井くんがいい交友関係を築いているからこそなんだろう。会話をし、自分の話もし、そこでLove-tuneの話もして相手に興味を持ってもらえる。それは大女優相手だって変わらない、そんな安井くんが好きだ。

 

その安井くんの会話の姿勢というのは、このトークショーの中でもたっぷりと感じられた。切り返しがうまいのも勿論だけれど、聞く姿勢が素晴らしい。

ここにも書いたように、ナチュラルに相手を褒められる。少し茶化せる。嫌味はなくって、穏やかな優しい話し方をする。背筋がしっかり伸びた綺麗な姿勢でまっすぐ見つめながら、頷いたり相槌もしっかり打つから、聞いてくれているのだな、というのが伝わる。

また、舞台についての感想を求められた時も、具体的なシーンやセリフも指示して自分の意見を伝えるから、きちんと観て感じてくれているのがわかる。その感想にはえりさんも、『ちゃんと観てくれてるのね』と喜んでくれるくらい。

引用している「わあ乙女なえりさんが出てる♡」という発言も、「セリフが歌みたいですよね」『詩的でしょ?』「えりさんってロマンチストなんだなって思いました(笑)」『詩とか結構読んでるからそういうところからね、意外とロマンチストなのよ』の発言を受けての「わあ乙女なえりさんが出てる♡」発言だ。また、「ジャニーさんと気が合うと思う」と説明したりもしていて、『ちょっと今度ジャニーさんと話したいわ』「すっごい話合うと思いますよ!電話します?(舞台袖指さしながら)」と笑いに変えるところもさすがだった。

 

 舞台についての話は、こう続いていく。

「(えりさんの舞台は)学がないと見れないですよね!僕なんて全然〜」

『学なんていいのよ。学なんて大学出てるとかそういうものでしょ?そうじゃなくて、本を読むかだから』

「あ~、でも僕、時計草(劇中に出てくる)知らなかったですよ!皆さん知ってましたよね?!」

(安井くんが客席の方を見て問いかけると、会場の年配の方々も結構手を挙げてくれる)

「ほら~!」

『……15人くらいね』

「あはは!いやけど、本当に知らないことは多くて。終わってすぐ調べましたもんケータイで!」

きちんと観て、感じられているからこその発言だと思った。そうじゃないと、知らなくても過ぎ去ってしまうようなワードだと思うから。「ああ、そういう植物があるんだな」で終わりにできる情報を、調べられる安井くんは自頭が良いと思う。そして何よりも、そのトークの進め方だ。

ジャニーズの現場ではよく見る言動だと思う。特にEXシアターでは、こうやってファンの人たちに話しかける、レスポンスを求める姿をよく見た。けれどそれを、まったくいつもの雰囲気とは違うこの場所でさらりと出来るのは、実はかなり難しいことだと思う。お客さんの層も違えば、自分のことを知っているわけじゃない人が殆どのそんな場で、ゲストという立場でその舞台に立っていたとしても、みんなを巻き込んだトークができる。自分の話をただ受け身でするのではなく、えりさんにもお客さんにも問いかけて明るく反応を求められる。もちろん安井くんのコミュ力もあるだろうけれど、今まで積み重ねてきたMCなどでの話の進め方が身についているからだろう。ホーンテッド・キャンパスの試写会でも思ったけれど、まさかここまでのアウェーでも普段と変わらない自然さで発揮できるなんて。その頭の良さと話しの上手さに感服した。

 

共演するきっかけとなった舞台「三婆」についての話も出る。

こんな和やかな雰囲気だったトークだけれど、意外とやはり、三婆は厳しい現場だったのかなということも伝わってきた。

『最初はやっぱりね、台本持って全然ね、こう棒立ちで』

「そうですね」

『でもどんどんよくなっていった』

「ありがとうございます」

『「朗読劇じゃないんだから!』って言ったわよね私』

「ああ~、はい言われましたね(笑)」

『そういうつもりで言ったんじゃないのよ?でも後でそれで彩乃ちゃん泣いちゃったって聞いて』

「そうですよ、福田さん泣いちゃって……俺がどうしようって困りましたから!」

『そんな厳しくしてないわよね?私」

「いやぁ~……まぁ、そのね、厳しくも優しく……」

やはりきっと、ベテラン陣の中にぽんと入れられることは相当大変だったんだろう。安井くんはそういうことは語らないけれど。彩乃ちゃんが泣いちゃって、狼狽える安井くんがいたということは、なかなかに萌える。トークはまだ続いた。

「だってほら、僕はずっと『現代の喋り方よあなた!』(ものまね)って言われてましたもん(笑)」

『ああそうね、だってほら、どうしても語尾が伸びちゃったりとかそういう今どきの喋り方になっちゃうから。だから石原裕次郎とか小林旭とかのDVD観なさいとか言ったりしてね』

「そうそう、だから俺すぐ借りて観ましたもん。そしたら次には『良くなったじゃない!』って褒めてもらえて(笑)」

『ほんとによくなってたのよ。最後の方にはほんとにおじさんみたいだったものねぇ。三幕とか特に』

「ありがとうございます(笑)」

あ、安井くんのいいとこがまた見えた。と思った。

安井くんはすごく素直だ。言われたことが正しいと思えばそれを正面から受け取って、試すことができる人。だからこそ可愛がられて愛されるし、それをモノにして成長できるんだと思う。あと、わからないことはわからないと言える人。わからなくたって、強がりとかプライドとかで「わからない」と言えない人ってたくさんいる。会話をしていてわからないことが出てきても、なんとなく話を合わせてしまうことって、わたしにも覚えがある。でも安井くんは、「わからない。知らない」をきちんと言える人なんだなと感じた。それは幕開け前に段田安則さんと載った雑誌、STAGE SQUAREでも感じたことなんだけれど。わからない、を聞いて甘えられるということは、成長をする上で大切な部分だし、結構長くなってきた芸能界人生においての謙虚さにも繋がると思う。

えりさんにもよく、「『あなた知らないでしょ!』(ものまね)って言われる(笑)」って言っていたし、トークの中でも「わからないです」「素人質問なんですけど~」と言っている場面がよくあり、それは下手に知ったかぶるよりも等身大の若者代表のような言葉で好感が持てた。あと、時折するえりさんのものまねが、仲の良さを表しているようでとても微笑ましい。可愛がられてる。

 

微笑ましさでひとつどうしても書いておきたいのが、ストローがうまく咥えられなかった安井くんなので、ここにも共有しておきますね(笑)

空間把握能力ない*2ところがこんなところにも出るなんて、そんなヌけてるところが可愛すぎやしませんか……。癒された……。

 

トークを続けていると、えりさんが突然思い出したようにまた褒めてくださった。

『でも本当に踊りうまいよね!独学なんでしょ?バレエとかやってたみたいに姿勢もいい。YouTubeで観てすごいなと思っちゃった』

「いやいやそんな……ジャニーズはみんな独学なんです。レッスンとかないんですよね。リハーサルがあってそこで教わって、次はもう本番。本番までに出来なかったらもう呼ばれなくなる」

『厳しい世界ねぇ……』

「いやでもだから、えりさんに『現代っぽくなってる!』って言われたときに、「よっしゃ!やってやろう!」って思ったんですよね。次までに絶対そうは言わせないようにするぞって」

 安井くんのプライドは、見せないことだ。

見せないというのは何もかもを見せないというわけではなく、「楽しそうで、チャラチャラしててラクそうで、それでいい」というのが安井くんなりのポリシー。それは、こういうところなんだろうなと思った。

努力をしないでここまで来れるわけがない。元々推されているわけでもなければ、事務所に入ったのだって遅い。そんな中で後ろから努力して、実力を身に着けてお仕事を大切にこなしてきたからこそ、今がある。何かやれることはないか、から始めたMCが、今ではラジオのレギュラーにまで繋がった。Love-tuneが出来たことだって、その中心に安井くんがいることだって、安井くんが努力して歌やダンス、見せ方を磨いてきたからだ。そんなことは考えなくたってわかることだけれど、改めて感じさせられた。だって安井くんがどんなコンサートでも舞台でもこなしてくるから、安心してしまっていたよ。そこには努力がある。担当のわたしですら感じきれないそれの片鱗を垣間見た気がした。

話は少し逸れるけれどそれはLove-tuneにも感じていたことで、「頑張っている。苦労している」ということをあまり表に出さないところが好きだ。元々一緒にやっていなかったメンバーも多い中で、大変だった面はたくさんあっただろう。忙しいメンバーも多くて、なかなか揃わなかったりもしただろう。7人になってすぐクリエ、サマステ、えびバック、ドリボ……と続いていく中で困難もたくさんあっただろう。こんなところを頑張ったんだよ、と褒めて欲しい部分もきっとある中で、雑誌ではそんな話は一切しないLove-tuneのプロ意識が好きで、そこには安井くんのプライドも流れていてみんなそれに共感してくれているからなのかなとも思っている。そんなところがまさにアイドルで、すごく好きな部分だ。

遊んでそうとか思われたとしたって、私たちに見せるパフォーマンスの部分で手を抜いていなければ、そこには確実な努力がある。そしてそれこそがアイドルという偶像そのもので、見せないプライドなんだなと思えた。

この話をするときも、苦労話をするのではなく事実を話しているだけで、大変ねと眉を顰めるえりさんにもいつもの様子で笑っていた。安井くんにとってはそれがきっと普通のことで、出来るようになることが当たり前のこと。誇らしいと感じた。心から。

 

『次はいつあるの?』

「次はー……舞台じゃないんですけど、3月にコンサートがあります」

『あらそうなの。どこでやるの?』

横浜アリーナで……」

『行こうかしら。どこにあるのそれは?』

「えっ(笑)いやいやえりさん、横浜アリーナだから横浜です!」

(この後行き方についての件が少し続く)

『いやでもね、感動しちゃうと思う。(三婆を)演っていた時は知らなかったから、歌って踊るの生で見たことないから。かっこいい!ってファンみたいになっちゃったらどうしよう』

「いやいや、それは。俺もかっこいい!ってなってもらわないと困りますんで」

そうやって言い切る安井くんが本当にかっこよくて、どうしようかと思った。

 

「『いつか死ぬんだから、死ぬまで頑張れ』っていう(劇中の)言葉が胸に刺さりました。20代の今聞けてよかったなって」

『どんな人だってどんな生き方してたって、必ずいつかは死ぬんだから。やりたいことを頑張っていた方がいいでしょ?』

真剣な面持ちでそれを聞いている安井くんだから、ついていけると思えたよ。

 

20分余りのトークショーだったけれど、普段は聞けない話が生で聞けた、非常に貴重な時間でした。何より安井くんをもっと好きになれた。こんなに好きなのに、もっと好きになる?!って驚くくらいに。

いつもとは違う環境でも、人当たり良く話せるあたたかさ。

頭の回転の速いトーク力。

色んなことを素直に学べるところ。

交友関係をしっかり繋げているところ。

なかなかジャニーズにはできない体験をしている部分。

愛される力。

見せない努力。

そんな安井くんのいいところを、たくさん感じられた時間だったなと思っています。

 

最後にえりさんが、

『ここに来ている人たちは安井くんのこと知らない人も多いと思うからね』

「そうですね」

『みなさん、安井謙太郎くんを覚えてあげてくださいね』

(うんうん、と頷く会場を見て笑う安井くん)

「ありがとうございます。またどこかで、お会いできたらいいなと思います(ぺこ)」

この会場にいる人たちが、安井くんを覚えたからって何かが変わるわけではないと思う。でも、そうじゃなくて。安井くんがまたひとつ、こうして大きくなれたことを感じられたことが嬉しかった。「またどこかでお会いできたら」そんな返答にもそれが表れている気がして、どうしても涙が滲んだよ。こんな場面に、連れてきてくれてありがとう。まだ先に進もうとしてくれていてありがとう。

捌けるときにこちらにもう一度お辞儀をしてから笑顔でえりさんを振り返ってエスコートする姿が、いつもの安井くんらしくてどこでも変わらないそんな姿が好きだなと思った。

 

本当に、このアフタートークにお声をかけてくれたえりさん、スタッフの皆さまありがとうございました。ちょうど舞台も本日で千秋楽を迎えたということで、おめでとうございます。またきっと、お邪魔させてもらいたいなと思います。

そしてフットワーク軽めにガッツで行った舞台でしたが、本当に聞けてよかったお話しばかりでした。安井くんが好きな方のほとんどが聞けていないことはもったいないと思い書きましたが、主観が長くなってしまって申し訳ありません。少しでも伝わっていましたら幸いです。そして安井くんのことを、もっと好きになってもらえますように。また、メモを取って聞いていたものの、当然ですがレポはニュアンスです。ご承知ください。

*1:大竹しのぶさんのトークショーがあった日らしいので、おそらく1/30。らじらーより

*2:自分発信。よくコケるしぶつかる

安井謙太郎くんと見た2016年の景色

まとめておかないと後悔するかな、と思ったので。雑誌や本人発言のまとめなどではなく、あくまでも「今年安井謙太郎くんにあったお仕事」の主なもののまとめです。

 

 

 2月18日 ジャニーズ銀座 クリエC発表

真田安井萩谷森田、3人でのクリエが発表された。この頃はまだ名前はない。

 

2月25日 舞台『三婆』出演決定

誰かのバーターでなく、外部舞台に一人で立てること。

2月の時点で11月のお仕事が約束されていること。

誇らしかった。とても。

 

3月4日 Love-tune結成発表

クリエのサイトにて真田安井萩谷森田の4人でLove-tuneというグループになることが判明。

ここのところずっと一緒にやってきていたメンバーだったから、嬉しかった。とても。

のちの3月30日放送の少クラ春休みSPにて、初めて本人の口からグループ名が発表される。

 

3月19日 『らじらー!サタデー』21時台のレギュラー決定

髙橋優斗くんとパーソナリティーを務めることが公式ツイッターで発表。

NHKラジオにて毎週土曜日、生放送で50分喋るという大きなお仕事。

何よりレギュラーのラジオ番組を持てたということが、ものすごいことだと思う。

 

3月22日 ミになる図書館出演

千賀軍団として、渡辺翔太くんとVTR出演。

安井くんがこの番組に出るのは2014年10月以降2回目。

親知らずを抜いたばかりで顔が腫れていた・・・。

 

4月2日 『らじらー!サタデー』初回放送

生放送で少し緊張していたけれど、安定感のあるさすがの話術を見せつけた。

(余談:わたしの投稿が読まれた。おかげでゆうぴーがやすいくんの鎖骨を触る事態。GJ)

12/31現在、元気に毎週放送中!

 

4月18日 『サマステジャニーズキング』発表

SnowMan、髙橋海人くんとLove-tuneの表記。

表記のメンバーは4人。

 

5月4日 ラジオ『A.B.C-Zの今夜はJ`s倶楽部』SPにJr.代表として出演。

安井・真田・高田・諸星・森田の5人(今思うとほぼらぶ)。

ラジオで対決をして見事勝利。Jr.のみでのラジオを1回やらせてもらえることに。

(しかし未だにその時はこない・・・)

 

5月6日 『ジャニーズ銀座』Love-tune公演初日

4人でのクリエ。みゅうたろうYes!やソロでOneLoveを披露したのはこの日のみ。

まさか4人のLove-tuneがこの日しか観られないものになるとは、思っていなかった。

 

5月21日 Love-tuneクリエに諸星・顕嵐・長妻の3人+αがゲストで登場

今年該当担でなくともJr.界隈がもっともざわめいた日だったのではないか。

クリエの看板に「ジャニーズJr.」表記が追加されていて、幕が開いたら6日の公演とは全く別物になっていた。

22日、31日と続くクリエも、すべてこのメンバーにて行われる。

 

6月14日 映画『ホーンテッド・キャンパス』完成披露試写会

撮影は2015年の夏。

安井くんはオカ研の部長、黒沼麟太郎役。

オカ研メンバー全員と監督が登壇した試写会では、いつもよりもいじられて愛されキャラな安井くんがいた。かわいい。

 

6月29日 舞台『DREAM BOYS』に出演決定

Love-tuneとして、7人の名前とともに発表された。

 

7月2日 映画『ホーンテッド・キャンパス』公開初日

2日間にかけて各地で舞台挨拶も開催された。

監督も次回作に向けた意欲もすごくあったから、実現させてほしい。

来年の1月、DVD&BDが発売になるので、みなさん買ってぜひご覧いただきたいです。

 

7月26日 『サマステジャニーズキング』初日

グッズのクリアファイルは既存メンバー+諸星の5人。

幕が開いたら7人で、音と光を使ったパフォーマンスを披露した。

7人でメンバーとしてコンサートをするのは、この公演が初めてとも言える。

7/26~29、8/8、12、15と開催。

 

8月10日 A.B.C.-Z『Star Line Travel Concert』代々木公演

Love-tune7人でメインバックとして出演。

ダンス・バンドどちらでも活躍した。11日昼公演のみ、安井くんのギターなし。

Jr.コーナーも2曲。マスピとセブカラ。

10、11日の2日間。

 

8月16日 『PON!』におとなりJr.として出演

過去最高と言われるほど、安井くんを一目見るために汐留にファンが訪れた。

礼儀正しくてかわいくて、最高だったよ。。

 

9月3日 舞台『DREAM BOYS』初日

Love-tuneの真田くん以外のメンバーはチャンプチームとして登場。

安井くんはユウタに掴みかかって不慮の事故で刺されるヤスイを熱演。

ここで初のオリジナル曲、『CALL』を披露する。

9/30まで帝国劇場にて開催。

 

9月6日 舞台『ジャニーズオールスターズアイランド』出演決定

各グループより2名、代表として会見に登壇。

Love-tuneからは安井くんと真田くん。

 

10月1日 A.B.C.-Z『Star Line Travel Concert』大阪公演

大阪城ホールにて開催。出番も少し増えていた。

土曜日だったため、大阪のNHKスタジオかららじらー!の生放送に出演した。

10月1日、2日の2日間。

 

10月12日 少年倶楽部にて『CALL』初披露

ピンクと黒のド派手な衣装と、今までにないスタイルの曲調で爪痕を残した。

Love-tuneの持ち味であるバンドとダンスの融合も。

 

11月2日 舞台『三婆』初日

新橋演舞場にて。客層・出演者ともに年齢層が高めの中、爽やかな若々しさを熱演。

大竹しのぶさん・渡辺えりさん・キムラ緑子さん主演。

このお三方ともいつもの愛され力で仲良くなれた安井くん。

本当に大きな舞台だった。11/27まで開催。

 

11月28日 雑誌『with』1月号に登場

Love-tuneとしてファッション雑誌に掲載。

Jr.から数グループ載っている中で、選ばれたのは嬉しい。

「この美味、クセになる♡」

 

12月3日 舞台『ジャニーズオールスターズアイランド』初日

様々なメンバーが出ている中で、安井くんは勝利に殴りかかるなど重要な役所を熱演。経験の差を見せられたと思う。

最初はあまり長くなかったLove-tuneとしての出番も、少しずつ増えてきている。

12月公演は12/30まで。1月公演がまた1/1より始まる。

 

12月21日 『アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ』CMに出演

中居くんの出ているCMに、バーターとしてメンバー全員で出演。

中居くんの隣で走っているので、アップになる瞬間もあっておいしい立ち位置。

わたしもデレステ始めました。ハマっています。

 

 

……と、いうことで。2016年も様々なことがありました。この他にももちろん、少クラや雑誌などには毎月出させてもらっていたしね。TV誌にもちょくちょく載せてもらっていた。それは当たり前じゃない。関わってくれた皆様に、本当にありがとうございました。

 

大きな変化としては、やっぱりLove-tuneというグループができたこと。最初はごたごたといろいろあったものの、どんどん急成長。向上心と野心はしっかり持ったまま、仲の良いグループになれたと感じている。

グループとして、コンサートのバックについてアリーナクラスの会場で自分たちのパフォーマンスもできたし、舞台もファッション雑誌もCMも……グイグイ爪痕残せたんじゃないかな!更なる高みへ、2017年のLove-tuneから目が離せない!

 

個人仕事としては、ラジオのレギュラーパーソナリティに決定、映画に出演、一人で外部舞台に出演と、安井くんのマルチな才能と人当たりの良さあってこそのお仕事がたくさんで非常に誇らしい!こんなに多方面から必要とされて、どこにいても愛されて楽しそうな安井くんが見られたこと、言葉になんて表せないくらいに嬉しいよ。

ここまでいろいろな仕事があるのは安井くんぐらいだし、もちろんこの位置に甘んじることなんてなく今後ともお仕事取って来て欲しい。

 

安井くんを好きになって毎年、こんなにいろんなことがあった!って思うのに、次の年になるとそれを超えるくらい、今年はこんなにいろんなことがあった!って思える。それは安井くんの努力があってこそだし、確実に成長しているからだと言えると思う。

だからきっと2017年はもっともっと大きな飛躍の年になるだろう。今年もたくさんの見たことのない景色を一緒に見せてもらえたけれど、まだまだ足りない。まだまだ大きな、忘れられない景色が見たい。

2016年、ありがとうございました。2017年も安井くんを応援できる幸せを感じながら、貪欲に求めて行きたいと思います。期待に応えてね。今年も1年、大好きでした!

 

 

【2016】印象に残った曲5選

いろいろなことがあったこの2016年で、特に印象に残った曲たちを所感と共に纏めてみた。安井担であるわたしの独断によるものなので、意見の違い等が生じてもご了承ください。

 

♡Heavenly Psycho

 でもこうして繋いだ手 ひとりじゃないね

 

4人で、まだLove-tuneという名前も正式にはなかった中で少クラにて披露した曲。いつも夢に選ばれなかった4人が、願いを歌った歌。わたしはこの歌に4人の想いを感じ取りすぎて、クリエで7人で歌われた時に結構なショックを受けた。あの時の7人はいまと違って、次があるのかないのかもわからないメンバーだったのもあるけれど。

Love-tuneというグループの基盤を築いたのは、確実に先にメンバーだった4人だ。今のJr.にはなかったバンドスタイルを確立させ、でもそれだけでは収まらずにバンドとダンスの融合という新しい魅せ方にチャレンジした。それは、長年やってきた経験であったり、どうにかして爪痕を残そうという信念であったり、ひとりひとりの持っている高いスキルがあってこそ、出来たものなのだと思う。去年のドリボにて披露したTakeOver×FOREVERなんて、まさに4人の挑戦を象徴している。だからこそ、Love-tuneというひとつのカタチになれたのだと思う。

そんな4人の、前向きに全員で頑張って行こうとする意思を歌ったこの曲。きっと俺らならできる、という感触があったからこその今後すら感じさせる曲のセレクト。ただバンド演奏を魅せたいからこの曲を選んだわけではないと感じられて、この時の少クラを観ながら涙したのを鮮明に思い出せる。胸がいっぱいだった。それに、安井くんの声がよく通るから。未だに新鮮に驚くほどに、安井くんは"バンドのヴォーカル"として歌を磨いてきていたから。すんなり心に入ってきて、弱いところを刺激されたようだった。ちょっとこの曲に対しての所感が長くなりすぎてるのは自覚してる。ちょっと、最後にもうひとつ。

先日のらじらーで、真田くんがゲストで来たときに、即興で披露したのもこの曲だった。安井くんと真田くんの、Love-tuneの中核を担う2人が生演奏で生歌で奏でたHevenly Psychoは、即興なんて嘘じゃないかと思うぐらいよく合わさってハモりもある素晴らしい出来で、この歌を大事にしてくれているのがわかってまた泣いた。大事な曲だから大事に歌ってる、って言ってたしね。まさに"希望の歌"だなと、そう感じた。

 

♡FIRE BEAT

一瞬のチャンス 掴みとるんだ

 

安井くんにとっては散々今まで、色んな括りで披露してきた曲だった。だけれどこんなにも印象に残らざるを得なかったのは今年ぐらいだろう。

新生Love-tuneの、挨拶代わりの曲なんだと思う。それも1回4人でやったのと同じ曲。同じように前半はダンス、後半はバンドスタイル。アレンジも4人のものと同じ。4人で少クラでだって披露して、それだってすごくかっこよかった。だけれどそれは前座だったかのように、クリエでも少クラでも7人でのパフォーマンスに塗り替えられた。

その時は正直、複雑な気持ちだった。7人でのパフォーマンスは、新しく加わる3人の見せ場をそれぞれ用意した紹介のような曲の魅せ方だった。既存の4人が歌った後、オーラを放った仁王立ちでラップを歌いきる顕嵐、サビでセンターに飛び出てきてパワフルなダンスを踊りきる諸星、若さと長い手足を活かしたアクロバットを披露する長妻。いまでも、7人のこの曲は意を決しないと見られない。それくらい、ごちゃごちゃとした気持ちが胸につかえていた曲。ハッキリしないこれからへの不安と、大事にしてきたものが掻き回されているような感覚。

ただ、悪いことだけではなかったからこそ、わたしの中でいまに繋げることができている。単純に人数の問題もあるかもしれないけれど、サビで7人横並びで踊るパフォーマンスに勢いをものすごく感じたところ。加わったメンバーがそれぞれ、自分のアピールポイントを持ってきてくれたところ。今まで4人で築いてきたものが、全てなくなるわけではないところ。とにもかくにも、これからのLove-tuneの決意を示すようなこの曲は、きっとLove-tuneが好きな人でなくても印象付けられたのではないかなと思っている。

 

♡LET'S SING A SONG

Singin' together and join us!

 

グループになって初の、4人だけのクリエは1日だけの幻となった。1年に1度だけの、自分たちだけで好きにやれる公演は、ごちゃごちゃと色々な感情の渦巻く場所となった。これから先が4人なのか7人なのか、はたまたLove-tuneというグループはあるのか。何もかもが不安定で、4人を見に来たファンも、突然ゲストとして追加になった自分の担当をどうにかして見に来たファンも、公演自体は楽しいものだとしてもどうしてもモヤモヤとした気持ちは残ってしまっていた。そんなクリエ公演の、本編ラストを飾った曲。

歌う前に、真っ白のスーツに身を包んだ安井くんが一人でステージに出てきた。『今日は皆さん、本当にありがとうございました』と話し出す安井くん。ここで一人で口を開かなければいけないのは、どれだけの重圧なんだろうと思った。だけれど、安井くんは凛とした表情で話し続けて、そして『ついてきてください』とそう言った。あ、と思った。何があってもわたしはこの人についていくしかないし、この人なら大丈夫だと。聴いてください、と安井くんの曲紹介と共に流れたイントロに、泣き崩れるんじゃないかと思ったよ。

安井くんが歌って、真田くんが出て来て2人で歌って、萩ちゃんと美勇人さんも出て来て、4人になったところに、後ろから黒スーツの3人が出てくる。演出が最高だった。ひとりじゃない、歩きだそうと歌う7人に、安井くんに、わたしも勝手に決意を決めたんだ。だってすごくイキイキとした笑顔で、この歌を歌っていたから。賭けになるのかもしれないけれど、その船乗った!と思った。それすら計算されていたって別に構わない。こんな最高の構成を魅せられてしまったら、その魔法にかかったままいようとそう思えたよ。いまだってこの曲を聴くとしみじみと泣けてしまうほどに、大切な想いをのせた曲なんだなぁ。

 

♡Masterpiece

Are you Ready? ここから俺らだけの世界を

 

Love-tuneとして、初めてコンサートのバックにつけてもらえたA.B.C-ZのSLTコン。まさにLove-tuneにしか出来ないような、楽器とダンスのどちらでも大活躍。特にダンスは、あんなに踊りっぱなしなのはA.B.C-Zのコンサートだからこそだなと思った。そんな中、MC終わりのJr.コーナー。他のJr.の曲が終わった瞬間に流れ始めるイントロ。ステージの真ん中からゆっくりと現れる7人。『準備出来てんのか代々木ィ!!』煽る安井くんの声。応える歓声。息が、出来ないんじゃないかと思った。

パフォーマンスの全てが、考え尽くされていた。パート割もダンスも魅せ方も、ここまでの完成度のものを魅せてくれるなんて!代々木の、城ホの、普段立つステージよりも大きなステージを、しっかりと活かせていた。花道をセンターステージに向けて駆け出す姿なんて、つい半年前も経たないうちににできたグループだなんて思えなかったよ。それまでバック仕事に徹していたのに、それを翻すかのようにあの空間だけはLove-tuneのものにしていた。それはわたしに、Love-tuneの未来を願わせるには充分過ぎた。なんて、なんてかっこいいグループなんだろう。個のスキルがまず高い。歌もダンスもアクロバットも、そしてその良さを生かす魅せ方が彼らはわかっている。大きなスクリーンに映し出された萩安の背中合わせに、ノールックロータッチは、心を芯から震わせられた。

それは少クラのNHKホールでのパフォーマンスでも健在で、今度はカメラワークすら操って意識しているような(実際している?計算され尽くされた映し方に、どこまで指示できるものなんだろう、とLove-tuneになってから感じることばかり)徹底された魅せ方。揃うところは揃えて、でも個性も殺していないダンス。誰が映ってもかっこよくて、勢いだってまだ衰えていない。寧ろ増しているぐらい、油断していれば噛みつかれる程のオーラで、ああLove-tuneを、安井くんを信じてついてきてよかったなと改めて思わされる。

7月のサマステではまだ完成しきっていないように感じられたグループとしての姿を、ここで見せ付けられた気がした。

 

♡CALL

俺たちの明日を掴め!叫べ!歌え!

 

満を持して。この曲を語らずに今年の安井くんは語れないね。初めて出来たグループで、オリジナル衣装に身を包んで歌えるこの曲。Love-tuneらしく、バンドとダンスのどちらの要素も盛り込まれながていて、明るくてノリのいい曲。だけれどそんな一言で片付けられるような単純なものではなくて、本人たちも認めるトンチキソング。『oh my got!』から始まるインパクトも絶大で、最初から最後まで失速することのない勢いに圧巻される。ピンクと黒にハートが隠された衣装もよく目立って、まさにオリジナル曲1曲目としてLove-tuneらしさが詰まっている。帝劇で初めて観たときは、勢いに押されてしまいそうでクラクラした。何より全員が、曲に負けじと全力でパフォーマンスをぶつけてきていたから、その事実に胸がぐっと熱くなったよ。

そして、歌詞がすごい。この人たちはどれだけ歌詞に気持ちを込めてくるんだろう、とこうして振り返ってみるとすごく思うね。『負けてられるか』『俺たちが突き進んでやる!』そんな決意を感じさせられて、勢いにのまれながらもどこか涙する。王道のアイドルソングもあった中で、このCALLを選んだのはやっぱり、『誰かと同じスピードじゃ追い付けそうもない』からなんだろうな。

このままの勢いで、Love-tuneが確かなものになっていけますように。そして早く、『oh my got!』の後のフゥ~!!だったり、HEY!の煽りだったりをしたいから、来年のJr.コンで聴けるであろうCALLを楽しみにしてるよ!

 

 

と言うことで、2016年に印象に残った曲5選はこのようになりました。

次点で、【感じるままに輝いて】と【枯葉の影】。

感じるままに輝いては、クリエで萩安がやった曲。萩ちゃんが『これ、俺らっぽくない?』ってキラキラした顔で持ってきたっていうエピソードだけでエモいよね。グループが出来て、今はグループとして前に進んで行っている時だけれど、また萩安としてのパフォーマンスや、萩安にしか魅せられないものを見せて欲しいと思えたパフォーマンスだった。

枯葉の影は、少クラでのみ披露。全員が忙しい中で、新しい曲を持ってくるなんていい意味で予想を裏切られた!Love-tuneの、ひとつの出番にだって気を抜かずに新しいパフォーマンスを魅せてくれるところが、本当に大好きだと思った。安井くんにとっての大切な曲だしね。誰がどういう風に思い付いたんだかわからない、絡み合った枯葉ポーズも愛しいこの曲。あと、最初のひとりずつアップで抜かれるのがなんっっとも言えないぐらいにかっこいい。

 

それに好きな曲部門ならエタマイとかパリドンも超好きで、曲聴きながら何回も何回も思い返したし、ラブトゥントゥン!とかも印象深いし、出し始めると止まらないね!!今年もすっごくいいパフォーマンスを魅せてくれてありがとう。ちなみに、好きな安井くんの歌のフレーズとか、ダンスとかになってくるとまた話は変わってくるのでそれはまたの機会に。。

来年ももっともっと、色んなLove-tuneを見られることを楽しみにしています。そろそろ可愛い王道アイドルソングも見てみたいな~。おもいっきりかわいい!でいられるのは、アイドルの特権だと思うから。オリジナル曲ももっと欲しいし、それが当たり前の存在になっていこう。あと、何度言っても悔やまれるけれど6日のクリエに入れていないから今年はソロが見られなかった!歌に磨きをかけた安井くんのソロ曲も、来年は見たいな。

なんて欲望だらけで締め括りたいと思います。だって、Love-tuneがいつだって真剣だから!もっともっと、なんて欲も出てきちゃうよ。2016年は感情の起伏もあったけれど、信じてついてきたからこそいいものが見られていま、本当に楽しい。もっと楽しくて思い出に残る2017年へ向けて!突き抜けろ!

舞台『三婆』を終えて

三婆。終わってしまいましたね。

すごい現場だった。今までジャニオタをしていて初めての光景だったとも言えるかもしれない。新橋演舞場にはたくさんのおじいさん・おばあさん世代の方々。映像技術に頼ることなく、当時の雰囲気まで作り込まれたセット。まさに喜劇と言えるような、要所要所で起きる大きな笑い声。そんな中、舞台に立って声を響かせる自担の姿。ジャニーズの舞台とはまったく違う場所に、安井くんはいた。

 

2月25日、情報局メールでその情報を見た瞬間、わたしは嬉しさでいっぱいになった。会社でそのメールを見て、にやにやしてしまうのを抑えられなかったことを覚えている。まだまだずーっと先のことだったけれど、安井くんが掴んできた大きな大きなお仕事なことは確かだったし、完全にジャニーズの仲間がいない現場というのも安井くんにとって初めての経験だったから。何より、安井くんを求めてくれるお仕事があるということ。この不安定なJr.の中で半年以上先の仕事が既に決まっているということ。まだまだ不確かなものだけれど、ジャニーズ事務所の中で安井くんは確かなものに近付いているのを感じた。

それから幕が開く11/1まで、色んなことがあった。本当に色んなことが。三婆の稽古が始まる直前まで、ドリボやコンサートのバックについていたね。ラジオの仕事も毎週土曜日にこなしながら、吸収することばかり、と話す稽古が始まった。台詞量もさることながらそこにかかる重圧もいつもと桁違いだったと思う。台詞を頭に入れていったつもりだけど台本を一応持っていったら、現場に行くとみんな台本を持っていなくて驚いたこととか。"本物"の舞台を作ることをきっと肌で感じたんだろうな。

だけれど、そこで足踏みするのではなく、足掻くのではなく、安井くんは『教わること』を選んだ。いくら1番年下とはいえこの年で、それなりに芸能界歴が長い中で、教えてもらう、勉強させてもらう側に完全に回れるのは安井くんの凄いところだと思う。ああ、この人たちはすごい、って素直に認められて、少しでもその人たちに近付こうと、自分のものにしようと頑張れるそんな姿勢が、わたしの大好きな安井くんだった。

 

辰夫は、すごく素直な青年だ。

八百屋として真面目に働きつつ、真っ直ぐにお花さんのことが好きで。「汗拭いて」「扇いで」と言われれば素直に「はい!」と従う純朴さが可愛らしい。感情の変化も分かりやすくて、お花さんが奥さんに大学出の花婿さんを探してあげるから、と言われたときには「それはだめだよ!俺は怒るよ!」と拗ねてみる。その、嫉妬の心でさえ素直に出せるところが真っ直ぐで単純で、若々しい。けれど、40代になったはずの20年後の辰夫も、「ほら見ろ~、知りたがってるじゃないか~!」と子供っぽく言っていたから、もうこの素直な可愛さは辰夫の性格なんだろうな!

人に対しては人懐こくて義理に熱くて、一度見かけただけの重助さんに「おじいさんはあの時の……!」と声をかけるし、お花さんと出ていくシーンでは、意地を張るお花さんとお松さんの心情を汲んでか、お花さんの代わりに「本当に、お世話になりました!」と深々と頭を下げる。人のことをしっかり見ていて、大事にしている人だ。お花さんに求められれば愛してるの一言もキスもいつでも出来てしまうくらい、誠実に。

そこにお茶目要素としてかっこつけた部分が加わって、ジェームス・ディーンに憧れてリーゼントにしちゃったり、キスする前や結婚報告の時には一々髪型を整えてキメ顔をする。そこはさすがのジャニーズ、恥じらいなくしっかりキメるんだけれど、お話しの中ではスルーされていることが多くて笑いに変わる。

そんな魅力的な辰夫を、安井くんは演じきっていた。舞台に立っていたのは、安井くんではなく辰夫だった。それは逆に安井くんに会いたい!と思うほど、この1ヶ月観てきた人間は辰夫だった。だけれどそんな辰夫の後、ラジオだったり少クラの収録に出て「おーまいがー!」をキメる安井くんは、本人も言っていたけれどギャップがすごい。そこはさすがの切り替えの速さを感じた。

 

そして何より安井くんは、この舞台でたくさんの人に愛された。

あんな大御所だらけの中、尻込みせずに「一人の楽屋は寂しいので……遊びに行ってもいいですか?」と段田さんや緑子さんの楽屋で過ごしているとか、緑子さんに普段のアイドルの活動を見せてみたりとか、しのぶさんと出前を取って一緒に食べてみたりとか……。ジャニーズJr.でいる時にはまとめ役ポジションだから少し気づきにくいものの、安井くんは年上の人の懐に入り込んで上手な距離感で甘えられる人だ。だからこそ、3幕のアドリブ部分ではニコニコと主演の3人や段田さんと笑い合う姿が日に日に増えていっていて、わたしはそれがひどく感慨深かった。「しのぶさんのこと、めっちゃ好きなの!」とラジオで言えちゃうのはそれだけ仲がいいからで、可愛がられているからなんだろう。あ、書いていて涙ぐんできた。安井くんのそういうところが、どこに出しても不安にならない部分だし、信用できる部分だと心から思う。

また、安井くんは「おばあちゃんに来てもらえてよかった」と言った。それは盲点だった。確かに今回はおばあちゃん世代の人たちが1番すんなりと楽しめる舞台だったと思うし、いつも孫の活動を観に来てくれたとはいえ、あんな大きな舞台に立つ孫は、本当に自慢の孫だったんじゃないかな……。

 

そしてそして、何より。新橋演舞場に訪れる安井くん目当てのお客さんたち。その多さ。

普段の舞台とは違って、客層がグンと上、というより二世代ぐらい上の方々が多い中で、わたしたちのような若者世代はやはり目立つ。約1ヶ月の長丁場だったし、そんなに出番が多いわけでもないし、日替わりのネタがあったりするわけでもなければ、見た目だっていつものジャニーズらしさのない昭和の男だ。そんな中で、安井くんを観に来るお客さんがいつもたくさんいたところ。これは本当に、誇れることだと思う。千秋楽なんて、来る人来る人が若い人ばかりで、安井くんの晴れ舞台を見届けようと思った人たちがこんなにいることが、わたしは嬉しかった。まさに安井くんがジャニーズで頑張ってきたからこそ、安井担も他担の方も、普段とはまったく違うこの現場に足を運んでくれたんだろうな。

 

安井くんが起用された理由もそこにあるのだとしたら、わたしはひどく嬉しい。

この舞台は安井くんが出ていなければ観なかった舞台だったし、客層だってもっとおじいちゃんおばあちゃんばかりだっただろう。そして、それでも埋まらないことはないはずだと思った。だけれどやっぱり、若いわたしたちが観るべき意味もそこにあった舞台だと思う。日本の高齢化社会の問題だとか、昔の文化に触れることだとか、わたしたちが現実問題としてまだ感じられていないことが、この舞台の中には笑いに隠れて散りばめられていた。

おばあちゃん3人のドタバタな喜劇、であることは確かながら、僅かな切なさを感じさせられるからだ。それはもちろん、3人の演技がうまいからでもある。3人のおばあちゃんはとても強く、芯の通った女性だ。我が強くて個性的で、自分勝手。だけれど、どこか寂しげで憎めなく、守ってあげたくなる。それは、3人とも共通の『武市浩造』という人物を亡くしたからでもある。その人は、それぞれにとって支えとなる大事な人だった。それが突然いなくなったとき、悲しむ間もなく生きていくそんなおばあちゃんたち。ふとしたときにそれを切なく感じるのだけれど、それすら笑える客席のおじいちゃんおばあちゃんの強さも同時に感じられた。そしてきっと、そこが若いわたしたちが観るべき意味だったんだろうし、本当に観られてよかったと思う。

 

終わってみればあっという間だった。けれど本当に、安井くんにとって濃い時間となっただろうと思う。わたしにとっても、この三婆という舞台は今後とも大切にしていきたい作品だと思えたし、それこそわたしがおばあちゃんになったときに、また違った見方で笑いたい。そんなときに安井くんが、重助さん役で出てたらとても素敵だな。そんな未来が来ないとも限らないでしょう!

安井くん、おつかれさまでした。そしてありがとう。また新しい景色を見せてくれたね。安井くんの声はやっぱりよく通るし、堂々とした姿がとても素敵でした。晴れ晴れとした顔でお辞儀をするカーテンコール、いつも涙ぐんで見つめていたよ。

この経験は安井くんの宝物だし、これからにしっかり生かしていけると確信しています。次はアイドルの安井くんに、新しい景色を見せてもらいたいです。早くアイドル安井謙太郎に、素敵な6人のメンバーに囲まれた安井謙太郎に、会いたいです。

 

とにかく一言で言うと、最高の舞台でした!ありがとう。